トレンド
2016/2/13

『クレイジージャーニー』から学ぶ「無駄が気づきになる」大切さ

週刊女性PRIME
[写真 1/4枚目]
[写真 2/4枚目] ◆「アラスカに取り憑かれた男」(放送日::2015年5月28日)1年の大半をアラスカの大地で過ごし、写真を撮り続ける「アラスカ写真家・松本紀生」が登場。手つかずの大自然にたった一人で入り込み、そこで約50日間、夏はテントで冬はかまくらを作って生活する。そこには、一朝一夕では見ることのできない、「ド迫力のオーロラ」や「動物たちの未知なる姿」が! さらに、その特異な環境だからこその独特すぎるアラスカライフを語る。
[写真 3/4枚目] ◆「マサイ戦士の妻」(放送日::2015年6月25日)アフリカ・ケニアを代表する民族「マサイ族」の戦士に、第二夫人として嫁いだ日本人女性「マサイ戦士の妻・永松真紀」が登場! 並みの国際結婚とは全く違った、文化の違いを激白! 「携帯電話の不思議な使い方」「結婚初夜の驚きの風習」「今なお続く割礼の儀式」……そして、あまり語られることのない「夜の夫婦の営み」まで、結婚したから分かったこと尽くし! 文化の違いの決定版とも言える内容。
[写真 4/4枚目]
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking