キスシーンは◯◯していると思っていた

 劇中では理想の夫をサポートしているけど、理想の男性は?

「この仕事を理解してくれる人ならそれだけで理想ですね。私にも錦戸亮さん演じる司さんのような人が現れるなら、仕事を理解していただいて、おばあちゃんになっても俳優を続けていきたいです」

松岡茉優 撮影/伊藤和幸

 一生女優宣言も飛び出したが、デビュー前には、ある事実を知ってショックを受けたことも。

「小学校の高学年まで、キスシーンって透明なラップなどの上からキスしているって思っていたんです。それを母に話したら、“お仕事だから本当にキスしているんだよ”と教えられて。そのときにちょうど見ていたドラマでは結婚している俳優さんがキスシーンをしていたので、奥さん以外の人とキスをするんだ……と子どもながらにショックを受けました」

 新婚の役だけにキスシーンがあるかもしれないけど、それは大丈夫!?

「ラップなしでやることはもう知っているので大丈夫です(笑)。でもカメラが回っているときは役に入っているので何とも思わないんですけど、撮影が終わったあとは、何回経験しても気まずい(笑)。スタッフさんも他人のキスを見てしまったみたいな気まずい雰囲気になるので、“へへへ…”みたいに笑ったり、何事もなかったですよみたいな顔をするんですけど、まだ正解がわからなくて。だからキスシーンの後の反応は現在も模索中です(笑)」