理想の男性像が意外で……!?

 ハードな仕事にも弱音や愚痴を一切吐かない姿は、さすがプロ!

NGK(なんばグランド花月)に何度も通っては稽古を見学したり、NSC(養成所)では漫才の授業も受けたそうで、ヘン顔(!?)もお手のもの♪ 撮影/伊藤和幸
すべての写真を見る

「“今日仕事に行きたくないな~”って思ったことが1度もなくて。好きだと思うことに対しては何でも頑張れちゃう。逆を言えば、好きなことしか頑張れない(笑)。今は仕事が本当に楽しくてしかたがないので、別の人生は考えられませんね」

 今の大野はとにかく“前進するのみ”。先月には29歳の誕生日を迎え、

来年、胸を張って30代になりましたって言えるように、ラスト20代日々踏ん張っていきたいです!

 と気合も十分。アラサーということで色恋ざたも気になるところだが、残念ながら(?)結婚願望はまったくないんだとか。そんな彼が今、憧れる理想の男性とは……?

沢村一樹さん。僕、エロ男爵になりたいんです(笑)。やっぱり人を傷つけない下ネタの世界って平和だと思うので。だから沢村さんをはじめ、(チュートリアルの)徳井義実さん、福山雅治さんが憧れの3大巨頭ですね。僕も爽やかに下ネタが言える面白い人になりたいな……」

 と、意外な“野望”も明かしてくれた。ちなみに好きな女性のタイプについては、

巨乳好きです!! 憧れなんです

 と即答!(笑) 事務所の先輩でいったら優香さんとか?

「優香先輩、大好きです! でも、結婚しちゃった……。僕にとってはお姉ちゃんみたいな存在だったから、結婚の報告をもらったときに泣いちゃいました(笑)。“幸せになって~!!”って。優香さんも笑顔が素敵な方ですからね」

 なんだかんだ、やっぱり笑顔に惹かれると、最後はマジメに話してくれた大野。

「現場で闘っているぶん、癒されたいと思うんです。だから笑い上戸というか、僕が疲れていたり、つまらないギャグを言っても笑い飛ばしてくれる人がいいな。笑いは特効薬。僕の座右の銘は“いつでも笑顔でいられますように”ですからね!」

舞台『池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE』

<出演情報>
舞台『池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE』(12月23日(土・祝)~1月14日(日)東京芸術劇場シアターウエスト。1月19日(金)〜21日(日)は兵庫県立芸術文化センター中ホールにて上演)で主人公・マコト役に。来年には主演映画『台湾より愛をこめて』の公開も控える