「緊張しいなので、本番前は大好きな柑橘系のオイルを手首に塗って、ずーっと嗅いでます(笑)。そうすると、自然とリラックスできるんです」

 ドラマ『きみが心に棲みついた』で主演を務める吉岡里帆(25)。朝ドラ『あさが来た』の“丸メガネののぶちゃん”で注目を集め、『カルテット』『ごめん、愛してる』など話題作に出演してきた彼女が、満を持して連ドラ初主演へ!

「決まったときは、プレッシャーと緊張でいっぱいでした。でも、顔合わせのときに、共演者の鈴木紗理奈さんや瀬戸朝香さん、スタッフの方々などが“一緒にいいものを作ろう!”って背中を押してくださって。初主演作品としてきちんと向き合い、最後まで必死に演じたいと思います」

 吉岡が演じる小川今日子ことキョドコは、恋愛にトラウマをもち、緊張しいで常にキョドキョドしている超ネガティブOL。そんな彼女を演じるにあたって、いちばん気をつけていることは、

「キョドコの個性でもある“キョドり方”ですね。キョドりすぎると、セリフが聞き取りづらくなってしまうので、大事な言葉はきちんと立たせて、でもキャラクターらしさは残しつつ。やりすぎず、足りなすぎないラインを、何カットも撮り直しては、いつも監督と確認しています」

 キョドコとの共通点は?

自己評価が低いところは、すごい似ているな、と思いますね。私自身、自分に全く自信がないタイプで。むしろ、自信がないことが原動力になっている部分もあるんです。“もっとうまくなりたい”という思いで、がむしゃらに頑張ってきたので。だから、自信を持てた瞬間から、頑張れなくなっちゃうんじゃないかなって思います」

 ドラマに映画にと引っ張りだこ、まさに人気女優への仲間入りを果たした彼女だが、下積み時代が長い苦労人としても知られている。

吉岡里帆 撮影/伊藤和幸

「まだセリフがひと言しかないようなとき、映画『幕が上がる』で共演していたムロツヨシさんに“私はどうしたらいいんでしょう”って相談したことがあったんです。そしたら“現場で努力できることは山ほどある、まずはそこから”って言ってくださって。もっともっと必死にやらないと、いいセリフも、いい役ももらえないんだって、教えてもらったんです」

 アドバイスをくれた恩人でもあるムロとは、今回も共演。「吉岡がのびのびとできるよう、サポートします!」と、ムロから頼もしい言葉をもらい、とてもうれしかったんだとか。

「ムロさんと会うたびに、アドバイスをもらった日のことを話しちゃうんです。それくらい、私にとってはうれしくて、忘れられない言葉だったので。でもこの話をすると、ムロさんは“恥ずかしい”って嫌がるんですけどね(笑)」

 忙しい日々を送る吉岡だが、このあいだつい“キュンッ!!”とした出来事が……!?

「スーパーで買い物をしていたら、かなり大量の荷物になってしまって。しかも、つまずいてカートごと豪快に全部倒してしまったんです(笑)。でも、そのとき近くにいた中学生くらいの女の子たちがパパッと走ってきて、拾うのを手伝ってくれて! “うわぁ~なんて優しいんだろう”って、彼女たちにキュンッとしてしまいました」


<出演情報>
火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』
(TBS/1月16日スタート毎週火曜夜10時)