相方・綾部への思い

 処女作が累計300万部超の大ヒットとなり、芥川賞も受賞。当時の大フィーバーについて、

又吉直樹 撮影/廣瀬靖士

「周りからは“あのときはしんどそうやったね。今は復活してきていい感じ”って言われるんですけど、何か劇的に楽しいことがあるでもないし、今がいい感じなのかも自分ではわからない(笑)。でも、普通だったら会えんような人にも会わせてもらえたり、あの経験はすごい貴重なものでしたね」

 小説家としては2作を執筆、現在も新たな作品に取りかかるなどまさに絶好調。一方、相方の綾部祐二はニューヨークに拠点を移し、コンビとしての活動は休止中だが、

綾部と僕は、タイプ的にはまったく違うけど、考え方が似ている部分があって。だから、ニューヨークに行くっていう彼の選択もよく理解できる。アメリカで見つけた夢への“途中”を楽しんでいるんだと思うんです。例えばラーメンって、食っているときより、並んでいて“もうすぐで食える!”ってときのほうがテンション高い気がしません? その興奮を、綾部は得に行っているんでしょうね」

 原作では、ワケあって解散せざるをえないコンビなどリアルな芸人事情が描かれている。実際、又吉の先輩でM−1グランプリのファイナリストにもなった『カナリア』も、3月10日に解散ライブを行った。

「面白いと思っていた人が解散するのは、やっぱりすごく悲しいです。でも、彼らは決して敗北していってやめたわけではないんですよね。先輩のカナリアさんがどれだけ面白いかはみんなが知っていること。だから、彼らは新しいことに挑戦するために解散という道を選んだんだと僕は理解しています」

 では最後に、又吉自身が挑戦してみたいと思っていることは?

「新しい挑戦には見えないかもしれないですけど、ひとつひとつの作品を面白いものにしたいです。あと、いつかは結婚もしてみたい。だから、芸人仲間との同棲を解消したっていうのもあるんですよ。男と同棲してたら、結婚できないんでね(笑)

 

舞台『火花-Ghost of the Novelist-』

<出演情報>
舞台『火花 -Ghost of the Novelist-』
東京公演/3月30日~4月15日【紀伊國屋ホール】
大阪公演/5月9日~5月12日【松下IMPホール】

撮影/廣瀬靖士