日本で活躍する外国人タレントと言えば、厚切りジェイソン。アメリカ出身の彼はIT企業の役員でありつつ、お笑い芸人としても活動。そんな彼がおすすめする、日本のスポットとはーー。

□  □  □

 アメリカ人にとって日本のイメージは『サムライ・ニンジャ・ガンダム』。友人が遊びに来たら、せっかくの日本だから、日本的な場所を案内するよ。お城だったら小田原城、鎌倉の大仏とかもアメリカにはないからいいよね。どこも本当に素敵な場所ですよね。

「日本的なものだから」と訪日した友人たちを連れて行くそう

 秋葉原のような街はアメリカにはないからみんなびっくりします。フィギュアも、子どものオモチャなのに、大人も一緒に夢中になっているのを見るとおもしろいです! アメリカにはなかなかない発想なので、秋葉原に初めて来た外国人の方々は気に入ると思います。

 花見の季節の宴会も日本らしい。多くの家族や会社の同僚など、楽しそうにしている人たちでにぎわってますよね。ただ、深夜に騒いだり、朝方まで飲んで道端で寝ている人たちを見ると悲しくなります。

 アメリカでは公共の場所で酔っ払ったりお酒を飲むと捕まってしまうんです。ただ、本当にきれいな桜なので、ひと目見ようと多くの人が集まるのはよくわかります。

 食べ物はラーメン、お寿司が好き。でも、僕はアメリカの内陸部出身だから、魚をほとんど食べずに育ったんです。母親を天ぷら屋さんに連れて行ったときは野菜だけしか食べていませんでした。

 そうそう、飲み物がおかわり自由じゃないのはイヤだね。アメリカは高級店でもおかわりタダなんです。それでも日本には、アメリカにはない場所、建物、料理がたくさんあるからみんなに知ってもらいたいですね。


厚切りジェイソン/アメリカ・ミシガン州出身。IT企業役員でありつつ、お笑い芸人としても活動。著書に『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』(ぴあ)など。『猫CEO』(飛鳥新社)では初の翻訳に挑戦