最初は20日間の勤務でと話していたそうですが、わずか2日間でトンズラしちゃったみたいです。顔出ししていたお店の紹介画像もすぐに消されました」(店の常連客)

 兵庫県神戸市内にあるデリヘル店(派遣型風俗店)『C』。5月中旬、突然そこに坂口杏里がキャストとして現れた。

もともとバラエティ―タレント、グラビアアイドル、女優として活躍していた彼女がサービスを提供してくれるんですから、そりゃ驚きますよね。指名には相場の倍近い金額が必要でしたが、それでもすぐに予約が埋まっていました。オプションも併せて10万円払う人もいたほどです」(同・店の常連客)

 杏里といえば、女優の坂口良子さん(享年57)を母に持つ元2世タレント。昨年4月には、知人のホスト男性から現金3万円を騙し取ろうとした恐喝未遂容疑で逮捕されたこともある。

「その後は六本木の高級キャバクラでまじめに働いていたんですけどね。8月中旬に人間関係のトラブルで、時間外営業していたその店を警察に通報し、勝手にお店を辞めてしまったんです」(スポーツ紙記者)

 そんな彼女が行きついた先が、神戸のデリヘル店だったのだ。

杏里が稼いだ金額とは

「16年10月のAVデビュー後は、基本的にラウンジやキャバクラで働いていましたが、並行して風俗もやっていたようですね。全国各地の店に属してはすぐ辞めるということを繰り返していました」(杏里の知人)

坂口の紹介ページ

 たった2日で辞めてしまったという神戸の『C』では、1回彼女を呼ぶだけで7万円近くを支払う必要があった。

それでも指名は引く手あまただったので、1日で10人超は接客していたのでは。2日間だけでしたけど、100万円近くは稼げたはずです」(前出・店の常連客)

 それだけ稼げた職場を辞めてしまうとは、何かトラブルでもあったのだろうか。デリヘル店『C』へ問い合わせてみると、

――20日間という約束だったはずなのに、なぜ杏里さんは2日間しか勤務しなかったのでしょうか?

勤務していたのは事実です。担当の者がいないので、後でかけ直していただけますか

 と、切られてしまった。数時間後に再び電話をかけてみたが「今、忙しいので」と取り合ってもらえなかった。

 6月16日からは、浅草ロック座にてストリップデビューすることが決まっていたのに、2日前にまさかのドタキャン。彼女が次に向かうところはいったい……。