女子度を上げる技にブランドうんちくも

 さやかは、元カレ(風間俊介)がまだ忘れられないが、宇佐美の最初の指令は、彼からの電話もメールも2週間、無視すること。

「恋愛や婚活市場で、いかに自分の価値を高めるか。使える情報がたくさんあります! また、宇佐美がたとえ話でエルメスなどブランドのうんちくを語ることも多いので、こちらもお楽しみに」

 さやか、宇佐美の丁々発止のかけあいや長ゼリフが多いのも特徴。

「波瑠さんは長ゼリフも完璧です。寝る前に頭に入れる“睡眠学習”で覚えているそうです(笑)。波瑠さん以上に膨大なセリフ量の伊勢谷さんの覚え方はとてもユニーク。コピーした台本を巻物のようにつなげて、シーンの流れを確認しながら演技プランを練っているようです。覚えるのに相当、苦労なさっているので、波瑠さんは“いろいろ話したいけれど、大変そうで話しかけられない”と(笑)」

さやかの婚活をサポートする(?)編集部の女性たちは個性的な面々が揃う  (c)日本テレビ
すべての写真を見る

 全員が物語に面白さを感じていて、楽しい雰囲気の撮影現場だという。

「元カレとの復縁か、年下のイケメン(吉沢亮)との新たな恋か、はたまた宇佐美との予想外の展開か!? さやかの恋の行方がどうなるのか、ご期待ください。楽しく気軽に見ていただける作品です。ポップな婚活ラブコメですが、婚活中の人、そうでない人にもグッときてグサッと心に刺さる場面もあります。だまされたと思ってハッとしたり、ドキドキしたりしてください!」

カリスマ編集長のゴージャスコーデ

 さやかが心の中で“刈り上げ40男”呼ばわりする宇佐美はおしゃれ雑誌のカリスマ編集長だけあって、おしゃれ度は半端ない!

「ネクタイをするにもエルメスのレディース用を着用してディテールにまでこだわっています。初回放送では全身Gucciでコーディネート(総額約74万円)した場面も登場します!」(鈴間P)

さやかの進化系スタイル

 婚活&結婚のため動き出したさやかは、回を追うごとに、服装もだんだん女子度が上がっていく。

「最初は古着の重ね着、ロングスカートの下にデニム、スニーカーをはいちゃうような女性ですが、男性のニーズに応えるべくワンピースやパンプスも着用するようになります。カジュアルコーデもデート服も参考になると思います」(鈴間P)

<作品情報>
『サバイバル・ウェディング』
7月14日スタート 日本テレビ系 毎週土曜夜10時~(初回15分拡大)