猛暑に冬シーン撮影
撮影の合間も広島弁

 撮影は5月初旬にスタート。時間をかけて、丁寧に撮り進んでいる。

「ほぼ初対面で夫婦になったすずと周作が、時間を積み重ねていくなかで感じる日常のかけがえのなさを描いた人間ドラマと同じように、撮影の日数を積み重ねていくことで(キャスト、スタッフの)絆が深まっているようです。

 大変なのは冬のシーン。本作は、昭和19年の3月から昭和20年の年末までを描いているので、真夏に外套を着込んだ雪のシーンなどを撮らなければなりません。軍艦大和入港はじめ史実に基づいて物語が進んでいくため、季節に嘘をつけないんです。暑さ対策では、オープンセットにエアコンを設置し、氷水で冷やしたおしぼりで首筋をぬぐったり、休憩を多めに入れたりしながら撮影しています

 松本は役と真摯に向き合い、松坂は撮影の合間もずっと広島弁という。

「できるだけ使って耳になじませようと、広島出身の土井監督やいろんな人に広島弁で話しかけたり、方言指導の方と積極的に読み合わせをしたりしています。今後は空襲のシーンなども登場しますが、戦闘機が爆弾を落としていくのではなく、空から爆弾が落ちてくるというように生きている人の目線を大事に描いています」

すずは、呉の遊女リンに妊娠しているかもしれないと話すが… (c)TBS
すべての写真を見る

 第4話(8月5日放送)では、体調不良のすずが妊娠したのではないかといわれ病院へ。喜ぶ一方、すずは周作が前に結婚を考えていた相手の存在が気になってならない。また、義姉が婚家から連れて行くのを拒まれていた長男が北條家を訪ねてきて─。

「戦争というと、とても遠いものと感じがちですが、彼らの日常は、現代に生きる私たちと変わるものではありません。同じようなことで悩んだり、喜んだりしています。

 当時は戦争という不条理で日常が奪われましたが、私たちの日常も災害などで失われることはあります。だからこそ、かけがえがないんです。時代が変わっても変わらない、大切なものがあると感じていただければと思います」

■ドラマオリジナルの現代版

 2年ぶり同局連ドラにレギュラー出演の榮倉奈々と古舘佑太郎が恋人役に扮した現代版が登場するのは、ドラマのオリジナル。73年前の広島との橋渡しをすることで、戦争や当時の人たちの暮らしが現代と地続きであることを表現している。

「現代版について賛否ありますが、最後には“これを見てよかった”と、原作ファンの方にもお楽しみいただける内容になっていますので、信じて見届けてほしいです」(佐野P)

■戦時中の暮らしをリアルに再現

 戦時下での暮らしを描く作品ならではのこだわりも。

「水汲みや風呂の沸かし方など日常生活の小さな描写にもこだわりを持っています。食事は時代考証に基づいて、食べるものがなくなっていくなか、どう工夫して炊事をしていったかを描いていますので注目して見ていただければ」(佐野P)

<作品情報>
日曜劇場『この世界の片隅に』
TBS系 日曜夜9時〜