ふたりの自選3句

吉行和子 俳号・窓烏(まどがらす)

白桃や優柔不断もやさしさか

恋心消えれば他人夾竹桃

魂よ気儘に遊べ鳳仙花

冨士眞奈美 俳号・衾去(きんきょ)

流れ星恋は瞬時の愚なりけり

なにほどの男かおのれ蜆汁

母を拭きし盥の水を打ちにけり

『吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道』(集英社インターナショナル刊 税込み1512円)※記事の中で画像をクリックするとamazonのページに移動します
すべての写真を見る

<プロフィール>
吉行和子(よしゆき・かずこ)◎東京生まれ。1957年舞台『アンネの日記』で主演デビュー。1978年『愛の亡霊』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞。1984年エッセイ集『どこまで演れば気がすむの』(潮出版社)で、日本エッセイストクラブ賞。2014年『東京家族』で日本アカデミー賞、優秀主演女優賞受賞。

冨士眞奈美(ふじ・まなみ)◎静岡県生まれ。三島北高等学校卒。俳優座付属養成所卒。1956年NHKテレビドラマ『この瞳』で主演デビュー。1957年にはNHKの専属第1号に。出演作はドラマ『細うで繁盛記』、映画『切られ与三郎』『小林多喜二』など。2000年『ろくでなし』(文春文庫)『恋よ恋歌』(中央公論社)など小説を刊行。句集『瀧の裏』(深夜叢書社)を出版。「俳壇賞」選考委員。

(構成/紀和静)