やっぱり断てない“夜の誘惑”

授業もときどきサボっているみたいだし、来てもあんまり真剣に聞いていないそうです。そんな甘い態度では、卒業するのは難しいと思いますよ」(岡本が通う学校関係者)

 今年9月から、アメリカの演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』のニューヨーク校に留学しているHey! Say! JUMPの岡本圭人。そんな彼の現地での様子が聞こえてきた。

「岡本さんは6月23日にファンクラブを通じて8月末で芸能活動を休止し、2年間留学することを発表しました。しかし、その発表の少し前に『週刊文春』でグループを脱退するという報道があったので、事実上の芸能界引退ではないかと噂されていますよ」(スポーツ紙記者)

「岡本クンのカノジョなのでは?」

 彼が通う演劇学校は名門として知られている。

「創立133年の歴史を誇り、アメリカ最古の演劇教育をしています。卒業課題として学生たちが取り組む劇には、現地のマスコミ関係者も見に来るなど非常に注目度が高い。学生も意欲旺盛な人が多いです」(同・スポーツ紙記者)

 周囲の高いレベルへの焦りもあるのか、私生活では現実逃避をするかのような行動が目撃されている。

学校から電車で20分ほどの場所にあるクラブ『C』やバーに頻繁に行っているみたいです。現地で知り合ったのか、20代のモデル風日本人女性とふたりで来ることもあるそう。学生たちの間では、“岡本クンのカノジョなのでは?”と噂になっていますよ」(前出・学校関係者)

 ときには息抜きも必要かもしれないが、彼が通う学校では過度な息抜きが命取りになる。

ニューヨークの家賃相場は、ワンルームマンションでも20万円近くします。だから、学生は友達とルームシェアをしたり、アルバイトで生活費を稼ぎながら通学しています。学校の課題も多いので、あまり遊ぶこともできません。遊んでばかりだと、取り残されてしまいますからね」(同・学校関係者)