雄大な日本海を望む新潟・山形・秋田をJR『きらきらうえつ号』に乗って、地元の美味しい食・美しい景色を存分に味わってみませんか? 今回は、3県10市町村をめぐる旅から見えた“日本海の魅力”をどど~んとご紹介します!

JR『きらきらうえつ号』って?

 新潟、山形、秋田の3県にまたがって走行する『きらきらうえつ号』は、車両に展望スペースやラウンジが設けられ、日本海を優雅に堪能しながら旅ができる、夢のような電車なんです! 大きな車窓から四季折々で変化する日本海は、何度見ても楽しめます
■JR東日本『きらきらうえつ』(http://www.jrniigata.co.jp/train/kirakirauetsu/)

見上げればサケ! サケ! サケ!
千年鮭 井筒屋

『千年鮭 井筒屋』
 新潟県村上市にある、創業392年の歴史を誇る『千年鮭 きっかわ』の塩引鮭などが食べられる鮭料理専門店『井筒屋』。村上には100種類以上の鮭料理法があるんだとか! その中でもおすすめなのは、3週間吊るして熟成させた“塩引鮭”。
住所:新潟県村上市小町1-12

獲れたて×出来たて
道の駅 鳥海ふらっと

『道の駅 鳥海ふらっと』
 山形県遊佐町にある道の駅『ふらっと』には、焼きたて・揚げたての海鮮がズラリ! 買ったお惣菜を、同じ建物内にある食堂で“ご飯セット”(ご飯、味噌汁、お漬物で300円)と食べれば、自分好みの食事があっという間に完成
住所:山形県飽海郡遊佐町菅里菅野308-1

いくら飲んでも飲みつくせない!
酒まつり

『酒まつり』
 山形県酒田市で行われた『酒まつり』には、山形県内全酒蔵の66種類の酒が大集結。なんと1000円のチケットで約3合分飲み放題と、超お得! 今回の『酒まつり』以外にも、山形県各地でほぼ毎月のように日本酒のイベントがあるので要チェック。