桜井玲香 撮影/伊藤和幸

 絶大な人気を誇るアイドルグループ、乃木坂46で、容姿・実力・育ちのよさと三拍子そろってキャプテンを務める人気者、桜井玲香さん。彼女がいよいよ、海外発大作ミュージカルのヒロインとして第一歩を踏み出す。記念すべき1作目は、ウィーン発ミュージカルの傑作『レベッカ』だ。

役というより半分自分

「オーディションでは劇中歌の歌唱を、音楽・編曲のシルヴェスター・リーヴァイさんに見ていただきました。でも初めてだと発声もうまくできなくて、息も続かない。最後まで丁寧に歌いきることができず、半ベソをかきながら歌っていました。

 歌は歌としてしか歌ったことがなかったので、歌詞に感情を乗せるのも難しくて。“もっと動きをつけて”と言われても、どう動けばいいのかわからないから棒立ちで。受かったのは奇跡です(笑)

『レベッカ』は、ヒッチコックの映画でも有名なゴシック・ミステリー。桜井さん演じるヒロインの「わたし」は、上流階級のマキシムと恋に落ちて結婚するが、彼の屋敷では事故死した前妻・レベッカの影が「わたし」を苦しめる。

「脚本を読んだときは“重いな”って思いました(笑)。でも美しい作品です。“わたし”は若くて世間ずれしていない子だと思うんですが、ひとりで生きていくたくましさは持っています。

 私はこの役を、役というより半分自分、くらいの感じでやりたいと思っているんです。そのほうが感情も動きやすいだろうし年齢も近く、初めての環境に入っていくところも自分を重ねやすいのかな、と。

 彼女に対しては“なんでこうなるの?”みたいなところがほとんどないので。私自身はあんなに強くはないですけど。私なら、初めに使用人たちから握手を拒否られたりしたら、もう泣いて帰りたいって思っちゃいます(笑)」