國光さんの仕事場の前で直撃するとラブラブな様子のふたりはツーショットも快諾

 今年7月、4歳下の男性との結婚を発表、それを機に8月、所属事務所の退社とともに芸能界も引退した小林麻耶。

「しかし、ブログやSNSでの発信は続いており、11月には『しなくていいがまん』というエッセイ本を上梓するなど、変わらず芸能人のような活動ぶり。一時期は“子宮を大切にすれば、すべてが好転する”という“子宮系”グループにのめり込んでいると報じられ、周囲からは“迷走している”と囁かれていました」(ワイドショースタッフ)

 一方で、新婚ホヤホヤの夫・國光吟さんは、整体師を生業としているのだが、彼の職業に関していろいろな報道がなされていた。

“宇宙ヨガのインストラクター”と報じられましたが、やっていることは患部に手をかざすと症状が回復する“手かざし療法”というオメガセラピストです。日本でも、がんの終末医療でしばしば使われる民間療法ですよ。

 國光さんは、オメガセラピーによって末期がんを回復させたとか、不妊に悩む女性が妊娠したと患者さんたちに話しているそうです」(國光さんの知人)

ラブラブ夫婦を直撃!

 現在は、都内の一等地にあるマンションの一室で施術しているそうだが、ふたりの新婚生活は幸せそのもの。

國光さんは、人の痛みに寄り添うように施術してくれます。麻耶さんもそういう優しいところに惹かれたのでは。彼は“奥さんは料理はなんでも作ってくれるんだよね”と、よくのろけていますよ(笑)。でも、まだお互いのご両親に挨拶していないという記事が出ていたのは、本当なんですかね?」(常連客のひとり)

 12月中旬の夕方、麻耶の活動や、國光さんの仕事内容、お互いの両親との関係について聞くため、彼の仕事先の前で待っていると、ふたりが仲よく登場。記者が話しかけると、笑顔で応じてくれた。