森田歩希選手

 箱根駅伝5連覇に死角なし!? 青山学院大学が出雲駅伝、全日本大学駅伝を制し、史上初となる“2度目の学生駅伝3冠”に王手をかけている。前回の優勝メンバー10人のうち7人が残り、選手層の厚さは他校を圧倒! 13日に同大学で行われた取材会で、キーマンになるであろう3人に意気込みを聞いた。

最強トリオに期待大

 青学大を引っ張るのは、主将の森田歩希選手(4年)。前回大会では2区で区間賞。今まで大学駅伝を6回走り、すべて区間3位以内という抜群の安定感を誇る。

「任された区間でしっかり区間賞を取って、チームの優勝に貢献できるように頑張りたいです」(森田選手)

 原監督は“やさしくて頼れる兄貴分”と太鼓判。

「この1年、ひとりひとりの自主性を生かし、チームの一体感を高めようと、やってきました。その成果をしっかり発揮し、3冠&5連覇を達成して、青山学院大学の名前を歴史に刻みたいと思います」

 と、絶対エースは高らかに宣言。卒業後は五輪を見据え、まずはハーフマラソンの日本記録更新を目標に掲げている。

 前回7区で区間新記録を樹立し、MVPにあたる金栗四三杯に輝いた林奎介選手(4年)は、理工学部で学ぶ理系男子。

「もし7区を走ることになったら、区間新記録を狙う気持ちはよぎるとは思いますが、狙いすぎるとペースが乱れるので。記録更新は頭の片隅に置いておき、チームの優勝のために走りたいです

 林選手もまた、卒業後はマラソンでの五輪出場を狙っていると話す。

 そして、原監督が新たなる“山の神”になると期待を寄せているのは、竹石尚人選手(3年)だ。前回の5区では脚がつって区間5位に終わったが、原監督からは「エンジンである心臓が非常に強いので、山上りの適性がある」とお墨つきが与えられている。

この1年、充実した練習ができ、手応えをつかんでいます。状態としては100%、ほぼ万全です。間違いなく昨年以上の走りはできる。歴代の5区で素晴らしい記録を残してきた選手たちにどれだけ近づけるか、だと思っています。山の神は特別意識せず、チームを優勝に導く走りをしたいと思います」