左から小田井涼平、後上翔太、白川裕二郎、友井雄亮、酒井一圭 撮影/坂本利幸
【写真】ファンと触れ合う純烈や、撮り下ろしソロカット

純烈とは

 元特撮ヒーロー出身の俳優メンバーを中心に構成された、5人組歌謡コーラスグループ。2010年6月23日に1stシングル『涙の銀座線』でメジャーデビュー。“スーパー銭湯アイドル”として、全国各地のスーパー銭湯や健康センターでライブを続け、爽やかなルックスと歌声、気さくなキャラクターでじわじわと注目を集めるように。

 結成以来「夢は紅白!親孝行!」をキャッチフレーズに活動を続け、苦節11年、ついに紅白出場が決定! グループ名には「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味が込められている。

「純烈は病院の薬よりも効く、元気と若さの特効薬なんです」

 黄色い歓声に包まれて大盛り上がりの会場。ファンのみなさんに改めて純烈の魅力を聞いてみました!

仕事で疲れていても、純烈を見れば癒されます。更年期障害で悩んでいたけど純烈にハマってからは和らいで……私にとっては栄養ドリンクみたいな存在」(40代女性)

「スタイルがよくて全員イケメン! 甘い歌声も大好き♪ 実家の近くでライブがあったときは、お墓参りを口実にして主人と見に行きました」(60代女性)

「向こうから近づいて握手してくれるし、名前も覚えてくれる。どこに行ってもいつも純烈は笑顔で優しいんです」(70代女性)

「今日は母と母の妹、みんなで見にきました。距離が近くて自然と応援したくなっちゃうんです」(母80代・叔母70代・娘50代)

「最初は母が好きで、それに付き合ううちに私もファンになりました。親子で応援できるのが楽しいですね。母はちょっと具合が悪い日が続いても、純烈のライブに行くと治っちゃうんです」(母70代・娘50代)

小田井涼平(おだい・りょうへい)/1971年2月23日生まれ。兵庫県出身。188cm。純烈の最年長メンバー。趣味は模型製作。特技はスキー、スノボ。2002年『仮面ライダー龍騎』出演。今春、タレントLiLiCoとの結婚を発表! 撮影/坂本利幸
友井雄亮(ともい・ゆうすけ)/1980年4月2日生まれ。大阪府出身。178cm。純烈のコーラスと振り付けを担当。趣味は料理とショッピング。特技はダンス。2001年『仮面ライダーアギト』や2007年『ちりとてちん』に出演。 撮影/坂本利幸
後上翔太(ごがみ・しょうた)/1986年10月23日生まれ。東京都出身。179cm。東京理科大学在学中に、純烈への参加を決断した純烈の最年少メンバー。コーラス担当。趣味はベース演奏とスノーボード。特技はバスケットボール。 撮影/坂本利幸
白川裕二郎(しらかわ・ゆうじろう)/1976年12月11日生まれ。神奈川県出身。185cm。元大相撲力士という異色の経歴を持つメインボーカル。趣味は釣り、筋トレ。特技は股割り、サーフィン。2002年『忍風戦隊ハリケンジャー』で俳優デビュー。 撮影/坂本利幸
酒井一圭(さかい・かずよし)/1975年6月20日生まれ。大阪府出身。186cm。純烈のリーダー兼プロデューサー。趣味は競馬とドライブ。特技は目覚ましをかけないで時間どおりに起きること。2001年『百獣戦隊ガオレンジャー』に出演。 撮影/坂本利幸

<リリース情報>
『プロポーズ』

『プロポーズ』※週刊女性PRIME記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします

2018年2月14日に発売。オリコン演歌チャートでは初登場第1位を獲得。出荷10万枚を超え、2018年9月度ゴールドディスクに認定された。宣言どおりに紅白出場を決め、メンバー小田井涼平の結婚報告も重なり、純烈の今年の飛躍ぶりを決定づけたともいえる曲。税込み1300円。販売元・日本クラウン。

<取材・文/片岡あけの(清談社)>