引退会見には母・幸代さんと兄・栄利さんも同席した。親子ツーショットに笑顔の吉田

私の中学2年生になる長男をすごく可愛がってくれているんです。彼はレスリングの選手になりたいというより、おじいちゃんみたいになりたいと言っています

 1月上旬、三重県津市の自宅前で快く取材に応じてくれたのは、吉田恵理子さん。1月10日に引退会見を行ったレスリング女子・吉田沙保里の兄嫁だ。

 吉田といえば、3度の五輪と世界選手権を合わせて16大会連続で世界一となり、'12年には国民栄誉賞を受賞した女子レスリング界のレジェンド。地元でも英雄的存在でありながら、誰からも愛され、慕われていた。

「ピアノを弾けても強くならない」

「沙保里ちゃんのことは小さいころから知っていますよ。私を見つけると、いつも大きな声で挨拶をしてくれるんです。“おばあちゃ~ん、元気?”って。彼女のお父さんが自宅で道場をやっていたので、この辺りでは昔から有名でしたよ」(近所に住む女性)

 吉田がレスリングを始めたのは3歳のころ。元日本王者の父・栄勝さんのスパルタ指導のもと、頭角を現していく。

吉田さんの自宅には22畳のマットがあり、年中休みなしで練習に打ち込んでいました。彼女がピアノを習いたがると、父親から“ピアノを弾けても強くならない”と言われたそうです。

 小学生のとき、母親に“私もオチンチンがほしい”とせがんだという話があるほど、男勝りで負けず嫌いの性格でした」(スポーツ紙記者)

 トレーニング漬けの日々で、中学生のころにはすでに背筋力が男性平均値の倍近くあったという逸話も残っている。

 父仕込みの“高速タックル”が花開いたのは、高校2年生のとき。世界選手権で金メダルを獲得したのだ。

 栄勝さんの昔からの知り合いで、『焼肉 味よし』を営む花村博志さんはこう話す。

「30年前に店を出したときから栄勝さんはよく家族で利用してくれていました。沙保里も小さいときから来ていましたが、レスリングをやっているとは知らなくて……。彼女が高校生で金メダルをとって、周りが騒ぎだして初めて知りました(笑)

 彼女の母校・津市立一志中学校に勤務していた服部滋教諭にも話を聞くと、

「吉田さんは、一志中学に世界選手権でとった金メダルを持って来てくれました。当時から明るい性格でしたが、中学生のときよりオーラが出ていましたね。生徒の前で凱旋演説もしてくれました」

 '04年、吉田はアテネ五輪を制すると、栄勝さんに大きな贈り物をしたという。

地元では“沙保里御殿”は有名。もともと古い家があって沙保里ちゃんも高校生まで住んでいたんですが、彼女がアテネで金メダルをとったあと、両親のためにこの家を建ててあげたんです。親孝行な娘ですよね」(前出・近所に住む女性)