男性教諭(右)が生徒を殴ったシーン(ツイッターより、画像は一部加工)

「ボクは最終的に殴った先生も、挑発した生徒も、どっちも悪いと思いますよ」

 と1年の男子生徒は言う。

「ツイッターで炎上させようぜ」

 東京都町田市の都立町田総合高校(生徒数705人)で1月15日午前11時ごろ、生活指導を担当する50代男性教諭による体罰事件が起こった。1年生のクラスで3時間目の授業が始まったばかりだった。ピアスをつけている男子生徒Aくんが、

「表へ出ろ!」

 と教室に入ってきたばかりの男性教諭に迫った。

 廊下に出た2人は至近距離でしばらくにらみ合い、Aくんが、

「ふざけんなコラ! どう落とし前つけるんだよ。あ? こんだけ言われて、オレがキレると思わねえの? バカじゃねえの」

 などと、生徒とは思えない乱暴な口調で教諭を罵った。

 さらに、

「脳ミソねえのかよ! 小さい脳ミソでよく考えてみろよ」

 と挑発した。

 すると、教諭は逆上して、「この野郎、ふざけんじゃねえよ!」と、Aくんを殴り倒し、馬乗りになって、廊下を引きずった─。

 こうした一連のやりとりを別の男子生徒が柱の陰からスマホで撮影しており、その動画はツイッターに上げられてインターネット上で拡散し、テレビでも報道された。

 最初に拡散した動画は、体罰部分を中心とする約10秒の短いバージョンだった。

 しかし、その後、

「ツイッターで(先生を)炎上させようぜ」

 というまた別の生徒の声が入った約1分のフルバージョンが拡散したため、被害生徒らが組んで“炎上目的で体罰を誘発したのではないか”との見方が広がった。体罰は問題だとしながらも、生徒側の教師をなめきった行動や言葉遣いに非難が集中した。