校長は「教諭の非」と言うが…

 真相をつかむべく情報収集中の信岡新吾校長(54)に話を聞いた。

動画流出騒動で揺れる町田総合高校
すべての写真を見る

「この事件はピアスの指導うんぬんはまったく関係なく、直接の原因をつくったのは教諭です。事件の数日前、教諭がほかの生徒に“Aくんは○○なんだよ”などと教師としては不適切なことを言った。

 大ざっぱでフランクで、そこが生徒から慕われるところでもあるんですが、いわゆる軽口だった。その発言を事件直前の休み時間にほかの生徒から知らされたAくんが怒ったんです」(校長)

 Aくんが怒ったのは、自分のいないところでそう言われた悔しさからとみられる。3時間目が始まり、教諭が教室に入ってきたとき、Aくんはこの件を持ち出して「なんでオレには言わないんだよ」などと詰め寄り、廊下に出たという経緯だった。

「教諭に非があるのだから、“それは悪かった”と率直に謝ればよかったんです。しかし、Aくんの言葉遣いに感情的になってしまった。先生として示しがつかないというか、先生の中には威厳、プライドを持っている先生がいるんですよ。そういうタイプの先生だったので、カッとなって体罰に及んだ。原因をつくり、結果も含めて、やはり先生が悪い」(同校長)

 体罰動画を撮影した生徒は3人いる。「炎上させようぜ」と発言した生徒を含め、生徒側が結託して教諭をハメようとした事実はあるのか。

「それはない。Aくんのクラスは2時間目が自習で、Aくんらが“次の授業(3時間目)もかったるいねぇ。つぶれればいいのに”などと話していたため、そういうストーリーがつくられてしまったのかもしれません」(同)

 隣のクラスは、たまたま自習だった。そのため廊下の騒ぎを聞きつけて動画を撮った生徒がいた。前出の校長は、

「Aくんらは“動画を撮っておけ”などと打ち合わせはしていません。その証拠に、Aくんは撮影した生徒に“(体罰を受けたという証拠のために)動画を撮ってくれてありがとう”と言いながら、“動画をなんでツイッターに上げるんだよ。オレの顔が映っているじゃないか”とも怒っているんですね」と話した。

 動画は生徒から生徒へ渡りその中の一部がネットに上がった結果、拡散していった。

 教諭は事件後、学校に出勤しているが、当面、授業と部活顧問、生徒指導はしない。関係した生徒たちは批判や噂にさらされて休みがちになったようだが、平穏な日々を取り戻しつつあるという。


やまさき・のぶあき 1959年、佐賀県生まれ。大学卒業後、業界新聞社、編集プロダクションなどを経て、'94年からフリーライター。事件・事故取材を中心にスポーツ、芸能、動物虐待などさまざまな分野で執筆している