海宝直人 撮影/森田晃博

 日本のミュージカル界の中でもトップクラスの歌唱力&演技力を持つ逸材、海宝直人さん。昨年はロンドンのウエストエンドでオペラショーにメインキャストとして出演したり、好評を博した『アラジン』『ジャージー・ボーイズ』の再演などで大活躍。

 そして今年は、さらなる飛躍の年になりそう。ひとつめは、伝説的デザイナーの人生をミュージカル化する『イヴ・サンローラン』。海宝さんは東山義久さんとWキャストでサンローランを演じる。

実は男性だか女性だかも知らなかった

「お話をいただく前は、サンローランといえば高い服のブランドというイメージしかなくて、実は男性だか女性だかも知らなかったくらい(笑)。でも、この機会に伝記映画を見たり、パリのイヴ・サンローラン美術館に行ったりして彼のことを知るうちに、いろいろなことを感じました。

 すごく思ったのは、“本当に生まれながらのアーティストだったんだな”ということ。美術館には衣装がたくさん展示されていましたし、彼が実際に働いていた場所が再現された空間もあって、本棚に日本の美術書があったり。ほかでは感じられない空気をしっかりと感じることができました」

 作・演出を務めるのは、宝塚歌劇団出身の演出家、荻田浩一さん。海宝さんは絶大な信頼を寄せている。

「荻田さんとは、僕がまだメインの役をさせていただく前から何度もご一緒しているのですが、どの作品でもほかの人には表現しえない“荻田さんワールド”が確実にあるな、と思うんです。表現が繊細でとても深いんですよね

 荻田さんの描くサンローラン像は、すごく美意識が高くてプライドが高い。でも一方では脆い部分が共存していて、プライドと現実のせめぎ合いで精神的なバランスが崩れてしまう瞬間があったりする。

 自分の中でいろんなものを消化しきれなくて苦しんだり、それでドラッグに逃げてしまったり。そういう内面の機微を描かせたら、荻田さんの右に出る者はいないと思います。人間味あふれるキャラクターなので、演じがいがありますね

 音楽面でもチャレンジングな要素がたっぷり。

すごく長い期間を描く作品で、曲数も30曲以上と多く、しかも音階が精密で難易度の高い楽曲ばかり。シャンソンっぽい曲はもちろんありますが、それだけではなくポップスやロックっぽい曲調があったりと、幅広いんです

 役柄によって歌のジャンルが変わってきたりして。これをそれぞれの役者たちがきちんと表現することができたら、すごく奥行きのある作品になるだろうなと思っています。いままでにないミュージカルになるんじゃないかな

 もうひとつの大きなトピックは、1月にディズニーのレーベルからメジャーデビュー盤となるソロアルバム『I wish. I want.』が発売されたこと。多くのディズニー作品に出演してきた海宝さんが、大好きなアラン・メンケンの曲を集めたディズニー・シングス・アルバムだ。