愛くるしい表情にぽっちゃりボディの柴犬まる。インスタグラムのフォロワー数は、国内外あわせて250万人以上! みんなが夢中になるワケは? “まるパパ”こと飼い主の小野慎二郎さん(45)に話を聞いた。

日本初の“犬の観光大使”に

「出会いは'07年。ショッピングセンターで、生後1か月にしては大きめの子犬にひと目惚れしました。そこから悩んで、クリスマスイブに半額セールになってしまったまるを妻と一緒に連れて帰りました」

 いくつかの会社を経営している自営業の小野さんは、散歩の時間がとりやすく、食事や水も、まるが求める前に与えることができる。

「愛情は100%注げていると思います。うちには子どもがいないので、まるが子どもですね」

 普段のまるはどうしているのかというと、

「基本的に1日18時間は寝ているので、その合間に食事や散歩の様子などを撮影しています。人間に対しては、距離感を大切にしてくれますね。家に帰れば“おかえり”と迎えてくれるけど、普段は1~2メートル離れて暮らしています」

 イベントなどに招待されることもあるが、3か月に1回くらいのペースで出演。ファンでも、なかなか生のまるには会えないようだ。

 人気の高さから東京都文京区の根津には、グッズを扱うショップもできた。

お店の中には可愛いまるグッズがたーくさん! 撮りためた写真も飾られている

「まるはショップにもほぼ出勤していないので、もし会えたらラッキーかもしれません。先日も『YOUは何しに日本へ?』というテレビ番組で、わざわざ海外のファンがまるに会いにきてくれたそうです」

 テレビ出演から1日店長まで、精力的に仕事をこなすまる。小野さんに、おもしろかった仕事を尋ねると、

「三重県の観光大使のお仕事です。都道府県で犬の観光大使は日本初なんだそう」

 伊勢志摩サミットの時期で、海外のフォロワーが9割を占めるまるに白羽の矢が立ったという。その人気ゆえ、いろんなオファーがあるのでは?