『後妻業』 (c)フジテレビ
 結婚詐欺師“後妻業”の女をめぐる大人の男女の欲望や思惑が複雑に絡み合う恋模様を描いたコミカルなサスペンス『後妻業』(フジテレビ系/火曜夜9時〜)。主演の木村佳乃が、コテコテの関西弁でまくしたてるド派手な女を熱演する舞台裏とは─。

撮影前から方言を特訓。空き時間も関西弁漬け

 ターゲットは、資産家の高齢男性。女の色香を使って後妻に入り、彼らの多額の遺産を手にする結婚詐欺師“後妻業”の女が主人公の物語。

 原作は、直木賞作家・黒川博行の同名小説。大竹しのぶ主演で『後妻業の女』として映画化されヒット。モントリオール世界映画祭でも上映され、話題に。

 今作で主人公の武内小夜子を演じるのは木村佳乃。小夜子はこれまでに中瀬耕造(泉谷しげる)はじめ3人の老人の後妻になり、大金をせしめてきたが“後妻業のエース”として、さらに暗躍を続けている。

 制作を担当した関西テレビの杉浦史明プロデューサーは、こう語る。

「開局60周年に大阪を舞台に関西弁を使った、カンテレらしいドラマを作りたいと思っていたんです。『後妻業』は大変に魅力的な原作で、黒川さんからは“リアリティーを大事にしてくれれば、どんな形で描いてもかまいません”と温かいお言葉をいただいたので、制作を決めました。

 劇中の小夜子のセリフはコテコテの関西弁。関西出身ではないけれど、小夜子役はぜひ、木村佳乃さんにと思ったんです。表の顔と裏の顔、二面性どころか多面性があり、どこか憎めない小悪魔的なところもある小夜子を演じられるのは、佳乃さんしか考えられませんでした。

 原作の小夜子は69歳でしたが、今作は45歳。美しく、思わず男性が惚れてしまう女性として描きたいと思いました。そんな小夜子像を佳乃さんにイメージしていただくため、脚本は撮影前の顔合わせのときにはすべて仕上げていました」

 視聴者からイントネーション批判を受ける可能性の高い関西弁での難役だが、木村は承諾。クランクイン前の早い段階から、関西弁のマスターに取り組んだという。

佳乃さんと、小夜子のバディともいえる柏木役の高橋克典さんは、とても耳がいいようで、微妙なイントネーションまでしっかり体得してくださっています。

 なによりもうれしかったのは、おふたりが、関西弁や関西弁が生まれた土地の文化などをリスペクトしていること。セリフのひとつひとつの言葉にまでこだわりながら、演技してくれています」(杉浦P、以下同)。

 撮影現場で飛び交うスタッフの会話やキャストにかける言葉は全部、関西弁だそう。

空き時間にも佳乃さんや克典さんが自然に関西弁になっていて、“ほんまや”“そやなあ”などと言っています(笑)

 小夜子のターゲットとなった耕造の次女で、小夜子と女のバトルを繰り広げる朋美役の木村多江は大阪生まれだが、話し方は標準語を使っている設定。

「小夜子との言い合いのときや探偵の本多(伊原剛志)と話しているときに、まれに関西弁のイントネーションになるので、ご注目を」