矢田悠祐 撮影/佐藤靖彦

 往年のブロードウェイで活躍し、多くのスタンダードナンバーを生み出してきたソングライターに光を当て、その名曲とともに人生を見せる「ブロードウェイ・ショウケース」シリーズ。その第3弾『Red Hot and COLE』が描くのは、『ビギン・ザ・ビギン』などで知られる作詞・作曲家コール・ポーター。

 この中で、コール(屋良朝幸さん)をめぐるさまざまな人物に扮してその人生を彩るのが、ミュージカル俳優として成長著しい矢田悠祐さんだ。

「ひとつの通し役ではなく、作品の中でいろいろな役をやるのは今回が初めてなんです。普通だったら演じる人物には一連のお芝居の中で前後があって流れがあるわけですけど、それがない。

 一部シーンだけに出る役だとしても、やはり前後があってのその人物にしないといけないのでたいへんなんですが、役者としては面白いと思えますね。やはり短い時間の中で人物のカラーを出さなくてはいけないので、ちょっとオーバーにやってみたり、試行錯誤をしながら調整中。稽古場では、自分のやりたいプランをいくつか用意して臨んでいます

 コール役の屋良さんとは縁があり、今回が5度目の共演。気持ちのいい信頼関係ができあがっている。

「コールはけっこう波瀾万丈な人生を送って、お金はあるけど満たされなかったり、足に大ケガを負ったり、プラスもマイナスも振り幅があった。そういう人生やコールという人のいろいろな面が、音楽を通して伝わる作品になっています。

 そのコールを演じる屋良くんは、本当にいい方です。“こんな人が真ん中だったらいいな”という理想的な座長なんですよ。“気を遣いすぎ!”というくらい遣ってくださるし、役者のみんなを代表して言わなきゃいけないことは言ってくれるし、話しやすいし、空気を変えたいときには明るい方向に持っていってくれる。歌も踊りも何でも完璧にできる人なので、共演者としても最高です

テニミュができたんだから大丈夫

 このシリーズへの参加は2度目。前作の『ロジャース/ハート』ではリチャード・ロジャースとコンビを組んだ作詞家、ロレンツ・ハートを演じている。

「前回はロジャース&ハートのことをあまり知らなかったので、作品を通して知ることができたというのがすごく楽しかったんですね。“こんないい曲、なんで知らんかったんやろ?”と思うくらい、本当にいい曲ばかりがたくさんあったので。

 今回もそれは同じなんです。僕くらいの年代の人でも刺さるというか、心惹かれるものがあるはず。それが100年くらい前に作られた曲だと知ると、純粋に“すごいな!”と思います。スタイリッシュだし耳触りがいいんですけど、歌ってみると意外なほど難しくて。今回はコーラスワークが多く、すごくこだわって作られているので、そこも楽しみにしてほしいですね」