写真はイメージです

 結婚相談所でありながら、男性会員はゼロだったという。

 にもかかわらず、会社経営者や医師、弁護士など社会的地位の高い男性がいるように虚飾し、「すてきな50代と60代の男性会員が入会されました」などと虚偽のメールを女性(当時49)に送信し、金銭をだまし取ったとして、結婚相談所「ロータリーマリッジ倶楽部」の実質運営者の吉田しおり容疑者(65)が2月20日、警視庁碑文谷署に詐欺容疑で逮捕された。

会社の住所が地名のみ

 同倶楽部はホームページで《中高年の婚活をサポートする会員制の結婚相談室》とうたっている。入会金15万円、月会費2万円。2017年2月から1年半の間に、ダマされた女性たちから700万円近い入金があったという。

 吉田容疑者がターゲットにしたのは、まじめなご縁、出会いを求める女性たちだ。

 詐欺被害に詳しい立正大学心理学部の西田公昭教授は、

「異性を求めることは、人間が持っている基本的欲求のひとつです。結婚相手やパートナーを求める高齢者は、これから先も増えていくだろうと思います。結婚をあきらめていた人でも、出会えればいいなという気持ちを(詐欺師に)たきつけられてしまう。話に乗せられてしまいますよね」

 今年1月、SNS(会員制交流サイト)で外国の軍人を装い、50代の女性に恋愛感情を抱かせ現金数百万円をだまし取った「国際ロマンス詐欺」が摘発されたばかり。