『初めて恋をした日に読む話』 (c)TBS

 主演の深田恭子が、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じるタイプの違うイケメン3人と繰り広げるラブコメディー『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/火曜夜10時~)がクライマックスに突入。連載中の原作コミックにはないオリジナルの展開と気になる結末とは─。

SNSで人気沸騰、オリジナルの展開

 大学受験、就活、婚活にも失敗した、しくじり鈍感アラサー女子がタイプの違う3人の男子と織り成すラブコメディー。通称“はじこい”。原作は、雑誌『Cookie』に連載中の持田あきの同名コミック。ヒロインで塾講師の春見順子役は、深田恭子が演じている。

「SNSでの評判や広がりが大きく、実況しながら視聴するスタイルも人気のようです。放送中や放送後には本作のワードがツイートのランキング上位になることが多々あります。

 序盤は“深キョン”“深田恭子”が圧倒的だったんですが最近は、その放送回で目立つキャラクターの名前がランクインしています。SNSの盛り上がりで、見逃し配信の再生回数も伸びています

 と、有賀聡プロデューサー。

 順子をめぐって、いとこでずっと順子に片思いしているエリート商社マンの雅志(永山絢斗)、ピンク頭の不良高校生だったが、順子との出会いで東大受験を目指す“ユリユリ”こと匡平(横浜流星)、順子と雅志の同級生で順子への恋心を再燃させる山下(中村倫也)が恋のさや当てを繰り広げてきた。

「好きな気持ちは同じでも3人のアプローチは、それぞれ違います。誠実にアプローチしているのに空回りしてしまう雅志、若さから怖いもの知らずで順子に向き合おうとする匡平、男として経験を積んだからこそストレートに思いを伝える山下。

 本作では彼らが、あたかも(視聴者が)自分に猛アプローチしているように感じていただけるようなセリフ、設定にこだわっています。彼らのカッコよさ、次はどんなアプローチをしてくるのかを楽しんだり、ツッコミを入れたりしながら見ていただければ。

 そして、今後の注目は順子が誰の思いを受け取るのか? というところ。

 原作が連載中のため、今後はオリジナルの展開が中心になります。持田先生の担当編集者さんからは“斬新な展開ですね”との感想をいただきました(笑)」(有賀P、以下同)

 ラブコメディーに加え、塾講師として匡平と二人三脚で東大受験に臨む順子の奮闘ぶり、家族関係まで盛りだくさんに描いている。

 匡平は念願かなって東大に受かるのか? その先の彼の行動にも注目したい。