安田顕 撮影/伊藤和幸

 確かな演技力と独特な雰囲気で人々を魅了する役者・安田顕(45)。昨年はドラマでも映画でも主演を務め、今年に入り早くも主演映画が公開。『TEAM NACS』メンバーとしての活躍も続けながら、来月スタートの朝ドラ『なつぞら』にも出演! その多忙ぶりを尋ねると、

「そんなことないですよ。イメージ、イメージなんですって!(笑)」

 と冗談っぽく答え、笑顔を見せる。

「最近、“忙しいでしょう”ってよく言っていただけるんですけど、いつかそう言ってもらえなくなるときが来るんだろうなと。

 それが嫌でね……。映ってナンボの世界かもしれないけど、映ってないときも忙しくしてたんですよ(笑)。だから、自分の中では特に大きな変化はないです」

 ファンから“ヤスケン”の愛称で親しまれる安田。

 取材した日は、朝の情報番組の生放送に出演したこともあり、名前が“トレンド”に上がるなど視聴者からも大反響。

「見慣れてないからトレンドになるのかな。すごくありがたいことです。生放送はとても緊張しました。だから放送前に“僕は20代のとき札幌のサテライトスタジオで生放送のラジオを月~木でやってたんだ、だから何があっても大丈夫!”って自分を奮い立たせて臨みました(笑)

回想シーンで、20歳ほど若い姿に!

 これまでジャンルの違う作品に出演しては変幻自在に役を演じてきた。そんな彼が現代社会の暗部を描いた壮絶な社会派サスペンス『連続ドラマW 絶叫』では、尾野真千子演じる主人公の女を凶悪犯罪者に変貌させる、何とも恐ろしい役どころに。

「僕が劇中でやってる行為は、笑っている顔してやっても、怒った顔してやってても怖いですから(笑)。(主人公の)陽子さんの人生はとても壮絶だけど、ひとつボタンをかけ間違えたら誰でもなりうる話だなと。そう思わせる力がある脚本で、一気に物語に引き込まれました」

 回想シーンでは、20歳ほど若い姿に。その容姿を作り込むにもひと苦労だったそう。

メイクさんがテープで頬を引っ張ってくれて。ギューッて。よく女性がおしとやかにホホホホホッて笑うじゃないですか。あれ、ほうれい線が目立たなくなるので、その気持ちがよくわかりました。僕、今年で46歳になるんですけど、これまではシワとか気にせず、無理して若くいようとも思ってなかったんです。でも今回のことを含め、45歳を過ぎたあたりから“あれ、僕、衰えてる?”と思う機会が増えまして(笑)