片寄涼太(左)、吉野北人(右) 撮影/廣瀬靖士
 昨年10月から放送され、イケメン総出演のドラマと話題になった『PRINCE OF LEGEND』。セレブが通う聖ブリリアント学園を舞台に、さまざまな王子たちの魅力と、なぜ“伝説の王子”を目指すことになったのかを描いたドラマから、映画では3年に1度開催される『伝説の王子選手権』へとステージを移し聖戦(プリンスバトル)がスタート! “伝説の王子”の座をめぐり、14人の王子が壁ドン、お姫様抱っこ、デート……と、これでもかと胸キュン要素のあるバトルを繰り広げる。

 女性の夢がギュッと詰まった今作から、ともに所属するグループのボーカルを務める片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE/24)と、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/22)にインタビュー!

――片寄さんは、セレブ王子・朱雀奏を。吉野さんはダンス王子レッドの天堂光輝を演じていらっしゃいますね。

片寄「奏は亡くなった母親との“運命の人とお付き合いする”という約束を守って、これまで恋愛をしてこなかったんです。だから、すごくウブで、何も知らない。小学生の男子が好きな女の子のスカートをめくる感覚のツンデレを持っています。

 そういうのって僕自身にはないと思います。僕ならまっすぐに気持ちを伝えるし、裏腹な態度はとらず、よくしてあげたい。作品では、奏の恋愛に対するピュアな感じが意地悪に見えないように演じようと思いました」

吉野「僕が演じた光輝は、最初はすごく地味な学生なんです。ある日、(ヒロインの)果音に一目惚れをして、そこから男磨きを始めます」

片寄「(吉野は)好きな子ができたら、どう接する?」

吉野僕、普通だと思います

片寄「それ、絶対に普通の態度じゃないと思う(笑)。相手にバレてるよ」

吉野「あ〜(苦笑)。もしかしたら、奏みたいに意地悪しちゃうかもしれません

片寄「うそ! まだ、子どもだな(笑)」

吉野「はい(笑)」

――会話が弾むふたり。今作を通してさらに距離が縮まったのでは?

片寄「そうですね。よく話すようになりました」

吉野「いろいろと教えていただいています。演技やアーティスト活動のことなんかを」

片寄「自分が言えることは、たいしたことじゃないですけど。今年に入っていちばんに送ったメッセージは“お世話になった人や先輩に正月のご挨拶のLINEを送りなさい”です。新年早々、先輩の僕自身が言うっていう(笑)」

吉野「新年早々、叱られました(苦笑)」

片寄「もしかしたら、やっているのかなとも思ったんですけど、念のために。言うとわかる子なんです(笑)

――一緒に食事に行くこともありますか?

吉野「ごはんは、まだないですね……」

片寄「僕が、飲んでいるところに電話して呼んだことはあります(苦笑)」

吉野「すぐ行きます! って電話を切ったら、20秒後くらいにまたかかってきました。“まだ?”って(笑)

片寄電話を切ると急にさみしくなるんですよ。なんなら、電話で話しながら来てほしいくらい(笑)」