歌う俳優(高橋一生、織田裕二、吉田栄作、反町隆史)

 俳優の高橋一生が、4月13日スタートの主演ドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)の主題歌『きみに会いたい-Dance with you-』で歌手デビューする。曲はエレファントカシマシ・宮本浩次によるもので、プロデュースも宮本が行う。

織田裕二や反町隆史も

「本格的な歌手デビューは今回となりますが、歌声を披露する機会は、実はこれまでにもたくさんあったんです」

 と、あるドラマ評論家は言う。

印象深いのは、2017年に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)の主題歌『おとなの掟』ですね。松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平と主演4人で椎名林檎が作った曲を歌いました。高橋は、松や満島といった歌手経験がある女優に負けない表現力で、好評でした。

 さらに古いところでは、松山ケンイチ主演の映画『デトロイト・メタル・シティ』なんかでも少し歌ったりしています」

 かつてNTTドコモのCMでも、Mr.Childrenの『抱きしめたい』をアカペラで披露したこともある。

「歌ってませんが、キリンの『生茶』のCMでは彼がピアノを弾き、森山直太朗がそれに合わせて歌ったことも。『氷結』のCMではスカパラと共演し、ブルースハープを吹いていました。音楽的センスを感じさせられる機会はこれまでにもありました」(前出・ドラマ評論家)

 本格的に歌手活動を行っている俳優としては、近年ではディーン・フジオカや菅田将暉、桐谷健太などが印象深い。ある芸能記者は言う。

「平成の前半では、織田裕二や反町隆史、吉田栄作などの俳優陣が曲を出してヒットを飛ばしています。もっとさかのぼると、石原裕次郎や水谷豊に中村雅俊、渡辺徹など、人気俳優が歌うことは珍しいことではないですよね。

 その逆もあって、福山雅治や星野源、それから吉川晃司や浜野謙太など、俳優として成功しているミュージシャンもたくさんいます」