松下洸平 撮影/佐藤靖彦

 今、演劇界でもっとも勢いのある若手俳優として注目の松下洸平さん。2018年に出演した舞台『母と暮せば』とミュージカル『スリル・ミー』での演技が高く評価され、第26回読売演劇大賞 優秀男優賞と杉村春子賞などを受賞した実力派だ。

お客さんを意識したお芝居をしないでね

「受賞を最初に知ったときは、喜びよりもやはり驚きのほうが先にきてしまって。賞をいただく瞬間って、両手を上げて“やったー!”って叫ぶのかなってイメージしていたんですけど、あまりのことの重大さにしばらく呆然と立ちすくんでしまった自分がいました。

 お客様の中で特別なものとして残り続けるいい作品を作るためだけに専念してその結果を認めていただけて、ご褒美じゃないですけど、このような名誉ある賞をいただけたのは本当にうれしいですし、これからの自分にとってすごく大きな糧になると思います

 穏やかな口調で受賞の喜びを謙虚に語る松下さんだが、今回の受賞の対象となった2作品には手ごたえがあったと話す。

『母と暮せば』は、見に来てくださった関係者の方がみなさん泣きながら楽屋に挨拶にいらっしゃって。そういう経験は初めてでしたけど、伝わってるなという実感はありました。客席もすすり泣く声はすごく多かったですね。演出の栗山(民也)さんが、あくまでもここはあの70年前の長崎のある一家のお話であるから、母と息子の2人だけで会話してとおっしゃって。お客さんを意識したお芝居はしないでねと。

 僕たちが誘うのではなくお客さんはその中に入ってきてくれるからということを信じてお芝居ができて、それが届いたときはすごくうれしかったですし。それは『スリル・ミー』にも同じことが言えて。栗山さんはよりリアルなものをここ数年追求なさっている気がして。難解な演出ではなくて、大掛かりなセットもなければ、照明と俳優の佇まいと言葉だけにすべてを集約させる演出をしてくださっているような印象がありました。

 それが『母と暮せば』に関しても『スリル・ミー』に関しても色濃く出て。今回、栗山さんも読売演劇大賞の大賞を受賞されました。ある種、演劇の原点に戻れたような2作品だったから、僕も評価していただけたような気がしますね」

 恩師のような存在でもある栗山さんからはうれしい言葉をもらったそう。

「杉村春子賞が決まったときに、初めて栗山さんに電話しました。栗山さんは携帯を持っていらっしゃらないので、こまつ座のスタッフの方からご自宅の番号を伺ってお礼のお電話をしたら、“『母と暮せば』で、洸平に杉村春子賞を取らせてやりたかったんだよ”と言っていただいて。普段あまり役者を褒めない栗山さんが、“おめでとう!”って何度も言ってくれたのは宝物のような時間でした」