自宅マンション上層階の共有窓には、角度を変えた監視カメラを2台も設置。写真はその1台

「本当に気味が悪い人。いつか何かやらかすだろうと思っていたので“やっぱり”というのが正直なところです」

 と同じマンションの住人は暗い表情をみせた。

幼児が毒エサを食べなくてよかった

 警視庁は3日、大東文化大学外国語学部英語学科の准教授・藤井康成容疑者(51)を鳥獣保護法違反容疑で逮捕した。1月13日午前11時半ごろ、東京都北区の区立神谷公園でカワラバト4羽を殺した疑い。

 手口は少し手が込んでいる。農薬に含まれる劇物のメソミルをいったん水に溶かし、その水溶液に漬け込んだ精米を乾燥させ、公園にいるハトにエサとして食べさせた。容疑者宅からは通販で購入した農薬が見つかっている。

「もともと人間嫌い。宅配業者とも会いたくないタイプで、ネットで買ったそういうものはコンビニどめにしていた」

 と先のマンション住人。

 容疑者は取り調べに対し、

「家の近くにハトが来て汚すのが嫌だった。邪魔だった」

 などと供述しているという。

 公園に隣接する小学校の防犯カメラ映像が逮捕のきっかけになったとみられる。

 カワラバトとは、都市部の公園などでよくみかける別称・ドバト(土鳩)のこと。羽の色はグレー系をベースに緑、紫などがまじり、「ハト胸」の言葉があるように大きく胸部が膨らんでいる。

 犯行現場近くの男性住民は、

「この公園は幼児がよく遊びにくる。幼児が毒エサを拾って食べたりしなくてよかった。逮捕のニュースが流れる直前、巡回中の警察官が“もう犯人を捕まえましたから安心してください”と言っていた。ハトが殺されたのはこの公園だけでなく、近所の公園で不審死が相次いでいたから、怖がる住民が多かったんだよ」

 と話す。