ドラマ10「ミストレス~女たちの秘密~」
4月19日スタートNHK総合金曜夜10時~(連続10回)

 イギリスの人気ドラマを日本版にリメーク。4人の女性たちが繰り広げるラブストーリーとサスペンスを描いた作品でオリジナル版のドラマ10『ミストレス〜女たちの秘密〜』(4月19日スタート NHK総合 金曜夜10時~)のこだわりと見どころをプロデューサーに直撃!

 イギリスでシーズン3まで制作された人気ドラマ『Mistresses』の日本版。ロシア、スロバキア、韓国など世界各国でリメークされ、アメリカではシーズン4まで制作された人気作で人には言えない秘密を抱えた女性たちがそれぞれの愛を求めてもがいていくさまを描いている。4人の女性を演じるのは長谷川京子玄理大政絢水野美紀

年齢、職業バラバラな
4人の女性たちの物語

 ドラマは、5年前にマラソン大会で知り合って以来、女子会を楽しむ4人の四者四様の人間模様が描かれる。

 医師の香織(長谷川)は不倫関係だった患者の死について彼の息子(杉野遥亮)から疑いの目を向けられる。シングルマザーの友美(水野)は7年ぶりの恋の予感にときめく。キャリアウーマンの冴子(玄理)は仕事か妊活かで夫(佐藤隆太)とすれ違い。恋多き女の樹里(大政絢)は、ある女性との出会いで変化が……。

人間ドラマをしっかり描いていながら、サスペンスやラブストーリーの面白さもある原作に魅了されました。制作が決まって最初に考えたのは、どうやって日本版に置き換えるか、でした」

 と、後藤高久チーフプロデューサー。

 原作の4人の女性はアラフォーだが、今作の香織は39歳、友美は41歳、冴子は34歳、樹里は28歳の設定に。

 年齢がバラバラで仕事もまったく違うのは、日本版のオリジナルで最大のこだわり

「原作は同級生の設定で既視感がありました。今作では、何の利害関係もない女性たちの集まりにすることで、理想の友人関係が提示できたらと考えました。女性の年齢によって違う悩みを描けるというのもありますが、日本では秘密や本音を会社の同僚やママ友には明かしづらい。でも偶然、知り合った友人になら気楽に相談できると思ったからです。

 また、女性の社会進出、ワークライフバランスなどといわれてますが、まだまだ理不尽な目に遭ったり生きづらさを感じたりしている現代日本の女性の本音も描きたかった。それにともない、子どもをつくるかどうかで悩む冴子夫婦にプレッシャーをかける姑の存在を加えたのも、オリジナルです」(後藤CP、以下同)