アリーナツアー『JAEJOONG ARENA TOUR 2019〜Flawless Love〜』がスタートする1週間ほど前、都内のスタジオに現れたジェジュン(33)。バンドメンバーとダンサーが初めてそろったリハーサルに週刊女性が密着。

 前日、一緒に振り付けの確認をしたというダンサーに「バンドとやると全然違いますね」と話しかける。ステージの広さ、花道の長さを実際に確認し、立ち位置や魅せ方を相談しながら細かく決めていく。

 リハの途中、少し時間を割いてくれたインタビューで、こちらの想像以上に綿密な打ち合わせをしていた姿に驚いたと話すと、

「作り上げられたところに入っていて“こうしてください”と言われることに慣れていないので。最初から、スタッフのみなさんと話しながら決めていったほうが安心できるんです」

 人懐っこい笑顔で語る。

 4月10日に発売した初の日本語ソロアルバム『Flawless Love』は、オリコン週間ランキング、Billboard JAPANのアルバム・セールス・チャートなどで1位を獲得。ファンとの以前からの約束を果たした“プレゼント”と語るこのアルバムのリリースと同時に、全国アリーナツアーもスタートした。

「アルバムの収録曲を選ぶときに、この曲はライブでやったら絶対に盛り上がるだろうなということは考えました。ただ、ライブのことだけを考えちゃうと曲選びの幅が狭くなっちゃう気がして。だから、今回の収録曲は難しい曲が多いんです。最初から最後までレベルが高くて(苦笑)」

ダンス曲『Sweetest Love』をフルで踊ったあと、少し息をきらせながら「このときの照明ってどうなっていますか?」と演出監督に確認していた 撮影/森田晃博

 さまざまな愛のかたちを表現したアルバムを引っさげた今回のツアーで伝えたいことは、

「優しい愛が、どんどん熱くなっていって、激しいケンカをしたあとに別れて。再び、燃え上がる愛になる。そんなふうに愛がかたちを変えていく過程を表現したいと思っています。でも、愛の表現って、なかなか難しいですね」

 そう語るジェジュンに、いま欲しい愛は何か聞くと、

「難しいですね……。愛はやっぱり難しい(笑)」