柳楽優弥 撮影/高梨俊浩

「これまで蜷川(幸雄)さんや宮本亜門さんの舞台に出させていただいて。当時はこの段階からすごく緊張していたので、こんなに笑顔で取材を受けていなかったと思います(笑)」

 数多くの映画やドラマで活躍する柳楽優弥(29)が、5年ぶりとなる主演舞台『CITY』に出演! しかも、今回の作品でモチーフとなるのはずっと憧れていたという“ヒーロー”ということで、

「すごくワクワクしています。ヒーローものをやってみたいと思っていたんですけど、オファーがこなくて(笑)。さらに蜷川さんのもとで育った同世代の演出家と一緒にできるというのが、楽しみでしかたがないです」

 初舞台は21歳のとき。10代では“恐怖心があってなかなかトライできなかった”という舞台だが、2012年、蜷川幸雄演出『海辺のカフカ』で舞台デビュー。

それまで蜷川さんの作品には藤原竜也さんしか出られないと本気で思っていました(笑)。でも気づけば若手を育てるみたいな雰囲気になっていて、その中で僕も拾ってもらえたことはすごくラッキーだったなと。

 もちろん、当時は蜷川さんにもたくさん怒られました。回数を重ね、慣れてきたときにまた怒られるので一切、油断できないんです。でも、やると言った以上、怖いなんて言っていられない。そんな中で迎えた1日目でしたが、“華々しい初日になってよかったね”という蜷川さんの言葉に救われたのを覚えています」

 その後、『金閣寺』(宮本亜門演出)、『NINAGAWA・マクベス』(蜷川幸雄演出)と重厚な作品が続き、

「そんなすごい作品が続いて、“次、何をやればいいんだろう”と。次の作品を丁寧に選びたいなと思っていたときに声をかけていただいたのが、今回の作品でした」