柚希礼音 撮影/山田智絵

 ダイナミックな個性とダンスで、宝塚のトップスターとして絶大な人気を誇った柚希礼音さん。初舞台から20周年という節目の年を迎えた今年の柚希さんは、まさにフルスロットル。今度の挑戦は、小さな劇場でのひとりミュージカルだ。

もっと近くに濃密に
私を感じてほしい

ソロ・コンサートの『REON JACK』は、さまざまなダンス・パフォーマンスをやれる場で大好きなのですが、会場が大きいとお客様がどうしても遠くなってしまう。躍動する私の呼吸や空気をもっと近くに、濃密に感じてほしい、というところから始まった企画です。

 最初はダンス・パフォーマンスのつもりでしたが、ただ踊るよりストーリーのあるダンスのほうが楽しんでいただけるんじゃないか、歌で表現したいこともある、と考えていったらミュージカルになったんです」

 この作品で柚希さんが演じるのは、バリバリのキャリア・ウーマン。でも仕事にのめり込むあまり、病んでしまった女性だという。

「責任感とプレッシャーから自分を追いつめてしまうんですが、それって働く人なら誰にでも起こりえますよね。療養所で限界がきて、ポンッと生まれ出たのが、男性と女性の別人格。そのふたりの支えでなんとかバランスを保ち、生きている状態です。そこから偶然見つけた日記に救われて……。

 私自身も2月~3月に出演させていただいた『唐版 風の又三郎』では、なかなかセリフを覚えられなかったりと追いつめられたので、この台本を読んだとき“わかる! この感じは知ってる。身をもってできそう”って感じたんです。完全に私のためのアテ書きで、男役経験も生かせるし、踊りまくってやりたいことをやらせてもらえる。すごく贅沢でありがたいなぁと思います」

 20周年を迎えるにあたり、柚希さんの決めたテーマが「挑戦を続けること」。宝塚を退団して以来、毎回のように限界ぎりぎりの高さにハードルを据え、チャレンジしてきた柚希さん。そこまで挑み続けるのはなぜ?

「今回は“20周年がただの感謝イヤーになるのは嫌だな”と思ったし、今年が終わるとき“守りに入らなかったな”と思いたくて。本当は、ひとり舞台は“大変そうすぎて避けたい!”と思ってました(笑)。

 でも思い切ってやってみて、お客様に何かが通じたら、また新たな感覚を知ることができるんだろうなと。そう思ったら、やってみたくなりました。始まる前はいつも怖いです。でも道が開けたときの喜びが大きいから、20周年もそれを追求していきたいと思ったんです