茨城県日立市にある御岩神社に、ご利益を求める参拝者が連日、殺到している。昨今のパワースポットブームにおいて“大本命”とも言われる、人気の理由を取材した。そして、御神体の御岩山頂上に存在する、ウワサの“最強”パワースポットの謎に迫る!

最近、“パワースポット”として有名になっているじゃないですか。厳かな雰囲気で、1歩ずつ踏みしめて登ると心が洗われるというか、ストレスや嫌な気持ちがスッと消えていく気がしますね

 とは、御山の中腹で小休止する、水戸市から来訪した女性2人組。

 古くから地元でも知られたパワースポットだというが、これまでは特に関心を持っていなかったそう─。

 奈良時代初期の『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』にも描かれた、茨城県日立市にある御岩(おいわ)神社。かつて水戸藩の祈願所として栄え、“御岩”の名も「水戸黄門」こと徳川光圀公が命名。そして古来より“神々がすまう地”と崇(あが)められてきたのが、神社裏手に鎮座する御岩山だ。

 近年、この御岩神社が、インターネット上で“日本最強クラスのパワースポット”として話題になり、そのご利益を求めて連日、多くの参拝者が押し寄せているという。

実感としましては5、6年くらい前からですが、'16年にテレビ番組で紹介されましてから一段と増えましたね。その後に県北芸術祭が行われましたので、さらに知られたのかと思っております

 とは御岩神社の巫女(みこ)で、境内を案内してくれた下条美樹さん。たしかに境内は、立ち並ぶ木々の合間から光が差し込み、厳かな空気が漂う。中でも天狗が護(まも)ったという、ご神木の「三本杉」は神々しい。とはいえ、ここまでは他の神社と差はないように思える。なぜ“日本最強”なのか?

御神木の「三本杉」は推定樹齢500年。高さは50メートル 撮影/齋藤周造

当神社の特色としまして、一八八柱というご祭神の多さと、神仏混合の祭事としまして、神仏にお参りし、ご先祖様にご冥福(めいふく)を捧げております。(通常の祭神数は)社に一柱から三柱といったところでございましょうか」(下条さん)

 境内には弘法大師や天照大神、お稲荷様や七福神まであらゆる神仏が、188の場所で祀(まつ)られている。つまりは“御岩神社に来れば、日本中の神様を1度に参拝できる”といっても過言ではないのだ。さらに御岩山山頂には、ネットをにぎわす3つの強力なパワースポットがあるのだとか

 というわけで、取材班も登山道「表参道」入り口に足を踏み入れようとすると、下条さんからご注意が。

社務所でも御朱印関係で登られるかを確認するのですが、これから暑くなりますので、必ず飲み物を持参されているかを確認しております

 取材班もペットボトルを手に山道を行く。次第に勾配はきつくなり、道は狭く険しくなる。途中、足をとられたり、滑る場所もあったりと、雨天時の入山が禁止されているのも納得だ。サンダルやヒールはもってのほか。登山靴とまではいかずとも、最低でもスニーカーは必須だ。