既読スルーしがちなのは――。

「意外と萩ちゃんがね、レスがめっちゃ遅い(笑)」

「たまたまタイミングが……」

「正直に言って! 通知オフにしてるんでしょ?」

「うん」

「ほら~!」

「だって一時さ、200件くらいコメントが来て、ピコンピコンピコンってすごかったから」

「すぐ返事が欲しいのにこなくて困ったことがあったんだって」

「でも、ヤスから直で来たメッセージはソッコー返すよ」

「んじゃ、俺が1人ずつに送らなきゃいけないの?」

「まぁまぁ(笑)」

(左端から時計回りに)安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、阿部顕嵐、長妻怜央、萩谷慧悟、諸星翔希 撮影/廣瀬靖士
すべての写真を見る

 安井以外の6人が出演するバラエティー番組『イケダンMAX』(TOKYO MX)にも安井が加わり、このプロジェクトメンバーがそろうことに。

「正直、心配っすね……」

「ずっと言ってるよね(笑)」

「すでに面白いから、僕が入んなくていいのかなって」

「いっつも面白い、面白いって言ってくれてるんです。それが逆に怖い(笑)

「(安井と萩谷のやりとりを指して)番組に加わったら、こんな感じで絡んでくるんだろうな~」

「何だよ、それ」

「それ次第で、僕も対応が変わるかなって」

「超・上から目線(笑)」

「でも安井さん来たら、もう僕らダメだろうなー」

「俺たちの出番がなくなっちゃうかも……」

「ヤスが加わって急に静かになっちゃったりして。6人で話してるときは盛り上がるのに、ヤスが話し出したらみんな黙ってまじめに聞いちゃうとか」

「……」

「うそ(笑)、大丈夫だって」

「ヤスが加わって、どんな化学反応が起きるのか楽しみですね」

「ヤスが番組でこんな感じでイジられてる姿は想像できない」

「どう料理されるのか……」

「いつも実はボケたいって言ってるよね」

「毎回、番組の最後で一発ボケをやってもらったら?(笑)」

「やだ、やだ、もうー」

「ヤスって、本当はすごくハシャぐタイプなんです。みんなで海に行ったときは、ヤスがいちばんに飛び込んで……。それで、足にウニが刺さって超ヘコんで浜に戻ってきたことがあったよね」

一同「あった、あった(笑)」

 それぞれの個性が光るプロジェクトメンバーが集結する『7ORDER project』から目が離せない!