(左上から時計回りに)森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、真田佑馬、長妻怜央、安井謙太郎、阿部顕嵐 撮影/廣瀬靖士

 5月22日、イケメンたちが自分たちのエンターテイメントを作り上げていく『7ORDER project』がスタートした。エンタメ企画第1弾は、舞台『7ORDER』。彼らがプロジェクトにかける熱い思いを語った。

これからの僕たちについて

森田(以下、森)「このプロジェクトに7人が集まれることに、運命的なものを感じますね」

安井(以下、安)「そうだね。舞台をやらせてもらえるという話があって、そのおかげで7人がそろうことができた。みんなでお芝居をするのも初めてだから、すごく楽しみです」

「みんなで集まると、舞台の話をずっとしてるよね」

諸星(以下、諸)「そうそう、無限に話しちゃう」

「舞台の内容に関しては、僕らの意見も取り入れてもらえるようになっているんです。やっぱり自分たちが納得できる作品にしたいから」

長妻(以下、長)「だから、みんなで意見を言い合うんですが、もう止まらない(笑)」

「カフェをはしごしてます」

真田(以下、真)「1日に何回コーヒー飲んで、何回トイレをお借りしたことか……」

阿部(以下、阿)「でも、結局まとまらない(笑)」

「僕らって、不思議な関係なんです。好きなものがダンスだったり、バンドだったり、芝居だったりと、みんなバラバラ」

「でもエンタメは好きという軸は一緒。やりたいことも違うからしっちゃかめっちゃかなんですけど、それが逆に面白くなる可能性を秘めている気がするんです」

萩谷(以下、萩)「僕らには“コレ!”というカラーは作らないほうがいい気がしています。そのときによって、いろんなカラーがあるのが理想なのかなって。でも真田くんが言ったように軸が一緒だから、見ている方向は同じです」

「この舞台では、表現のひとつとして音楽は取り入れたいとは考えています」

 舞台の打ち合わせで、モメることもしばしばあるとか。

「僕らは、言いたいことは全部吐き出すようにしています。だから、どうしても意見が食い違ってしまうことがあるんですよね」

「でも表情を見るだけで、相手がどんな気持ちなのかがわかるから、お互いがお互いをケアできている。だから多少ぶつかり合っても大丈夫なんです

 今回の舞台をはじめ、仕事の確認事項は、7人でLINEグループを作って連絡をとり合っているという。

「ムダなコメントが多いんすよ、みんな。だから重要なことがどんどん下のほうにいっちゃって」

「それでモメてた時期はあったよね」

「重要なことを聞いてるのに、返事してこないやつもいて」