世界中の厳選商品が並ぶ、こだわりスーパー『成城石井』。東北から関西まで169店舗を展開し、入手困難な『いちごバター』をはじめ、ヒット商品が続出。メディアやネットを連日にぎわせている。ご多聞にもれず、お菓子売り場もものすごいことになっていると聞きつけ、取材を敢行!

おいしさを徹底追求

「袋菓子類は、通常の仕入れ商品と自社輸入品、そしてオリジナル商品の3種類。どれも他社との差別化を図っています」

陳列棚の様子

 とは、菓子バイヤーの八尋佐和子さん。安さに飛びつく価格ではないが、“成城石井ならでは”が詰まった高品質の菓子たちは、次々と買い物カゴに吸い込まれていく。

「地方ならではの商品を仕入れる際も輸入品も、バイヤーがメーカーから直接買いつけ。成城石井が設ける安心・安全の基準をクリアするように、商品の一部仕様の変更をしてもらったり、別の原料で特別に作ってもらう場合もあります

 菓子売り場は、まさにプロの目利きで選ばれし“菓子のセレクトショップ”。

「特に力を入れているのがオリジナル商品です。自家製惣菜なども含めると、成城石井全体で約2500種類を展開。素材選びから製法まで、おいしさと品質、適正価格を徹底追求しています」

 例えば、袋菓子でダントツ人気のオリジナル『ミックスナッツ』のクルミは、単体商品(『無塩クルミ』)とはロースト時間を変えるなど、そのこだわりは半端ない。

「はちみつやココナッツシュガーなど、オリジナル商品のために、原料そのものを新たに輸入することもありますね」

 成城石井には子会社に貿易会社があるため、中間マージンが省かれ、価格も抑えられるという。そんな心血を注がれるオリジナル商品の最高峰は、'16年に立ち上げた「desica(デシカ)』シリーズ。バイヤーの高い商品調達力と、専属シェフのレシピ開発力のコラボは、“成城石井でしか作れないもの”。

成城石井商品本部・商品部菓子課係長・八尋佐和子さん

「袋菓子では現在10種ほど。『和三盆ポルボローネ』はほろほろの食感にこだわり、バターの配合比率など苦労を重ねて完成したものです」

 そもそもバイヤーの企画案を、会議で通すこと自体が最難関だと八尋さんは苦笑する。

「本当にお客様にとって喜ばれるものなのか? 成城石井がそれを作る意味を見いだせない限り、商品化にGOは出ません。“成城石井の商品は高い”と言われることもありますが、品質と内容からすれば圧倒的にコスパがいいことを、少しでも多くの方に知ってもらえるよう、さらに頑張っていきたいです」