高橋容疑者と父親が住んでいた公営アパートの部屋の玄関

「6月21日の午前中に訪問しましたが不在だったので、午後に再度行きました。宅配便の不在通知がドアに貼ってあったため、まだ戻っていないのかと思いドアのポストを外から開けてみると異臭がしたんです。これはおかしい、と直感したので110番通報しました」(東京・国立市役所の職員)

父親の年金をあてにした生活

 駆けつけた警察官が公営アパートの中に入り、住人とみられる80代の男性の遺体を発見した。同居していた息子の姿はなかったが、同23日午後、警視庁立川署に出頭した。

 事件発覚当時の様子を目撃していた男性は、

「私はスーパーへ買い物に向かっていました。午後2時に帰宅したのですが、警察官が20人くらい来ていて、規制線も張られ、物々しい雰囲気でした。ただ、警察官に何があったのか尋ねても何も答えてくれなかったので、近隣住民は何が起こったのかわからず、憶測やウワサが飛び交っている状態でした」

 警察官だけではなく、消防車や救急車も駆けつけ、住民たちは不安そうな顔で様子を見守っていたという。

「6月8日の夜に父親が亡くなっていることを確認したが、同21日までの間、死体を同所に放置した」(捜査関係者)

 という死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、高橋直良容疑者。49歳で「30歳ぐらいまではIT関係の仕事をしていたようです」と話す近隣住民もいたが、現在は無職。生活費は同居する80代の父親の年金をあてにしていたという。

 80代の親が50代前後の子どもの面倒をみる“8050問題”の当事者で、

「これから起きることを考えたくなかったと供述しているようですから、父親が亡くなることで年金がストップし、自分の生活が立ちゆかなくなる不安を考えたのでは」

 と、全国紙社会部記者は指摘する。