いちばん多忙だったときは「寝るというより気絶してた(笑)」と明るい話も多かった、山田邦子

「今はとっても楽しくて、最高です! 完全にフリーになってマネージャーもいないので、メールや携帯電話が命ですね。請求書の作成や原稿チェック、写真データの送付、ギャランティーの交渉なども全部ひとりで大変ですけど、初めてのことばかりで楽しいですよ。

 事務所を辞めてすぐに、知り合いに営業をかけて、すでにいくつか仕事もいただきました。ギャラの金額を自分で言うのが、まだ少し恥ずかしいんですけどね(笑)」

 そう話すのは、今年の6月いっぱいで約40年間在籍していた『太田プロダクション』を離れた山田邦子。

社長には何度も伝えた

 今年に入ってから、独立のウワサがたびたび報じられていたのだが、事務所を離れた最大の理由を、こう語る。

「ケンカ別れじゃなく円満退社なので、今までのレギュラー番組も引き続き出させていただいていますし、全部ひとりで業務を行う以外は変わってないんですよ。フリーになったのは、いろいろな“節目”が重なったことが大きかったんです。

『令和』になったり、芸能活動40周年を迎えたり、来年で60歳になるし、新しいやり方をやってみてもいいかなと思いました。そもそも“新しいこと好き”で、'60年生まれということもあって“0”や“5”などの切れ目の数字が大好きなんですよ(笑)」(山田、以下同)

 事務所との間にトラブルが起こったわけではないものの、“違和感”はあったそう。

「数年前に社長が代わり、マネージャーのシステムも変わったんです。以前までは、1人のタレントにつき、1人のマネージャーだったのが、今はバラエティー班、音楽班、ドラマ班のように、ジャンル別でそれぞれマネージャーがつく形になって。なんだか、3つ4つの事務所と仕事している気がしたんです。

 これはしかたないことかもしれませんが、若いマネージャーさんが私をリサーチすることになり“芸能界のお友達は誰ですか?”と聞いてくるので“例えば倍賞千恵子さんかな”と言っても、倍賞さんを知らなくて。そんなレベルの説明をしていると、さすがにつらくなってきちゃって

 '07年に患った「乳がん」がキッカケで、芸能界の友人たちと立ち上げた『スター混声合唱団』。このチャリティー団体での経験も、独立への後押しになったそう。

 ほかにも、10年以上『長唄』を続けている山田は、今年4月に東京・歌舞伎座で披露するほどの腕前。しかし、自身のブログで当日の舞台に《事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかった》と残念そうに綴っていたが……。

「太田プロは、関東で老舗の演芸事務所のひとつなのに、そういった芸事の公演に誰ひとり顔を出さないのは、やはり違和感がありましたね。私は今年『杵勝会』の名取『杵屋勝之邦』も襲名して、芸能と関係している仕事なのに、事務所のスタッフに関心がないのは寂しかったです。

 社長やスタッフには“変じゃない?”と何度も伝えたのですが、一向に動く気配はありませんでした。だったら、フリーのほうが自由にできるなと思ったんです」