インタビュー中に自身の持ちネタである「そんなの関係ねぇ!」を披露した小島よしお(筆者撮影)/東洋経済オンライン

「でも、そんなの関係ねぇ! はい、おっぱっぴー!」

 衝撃的なギャグとともにお笑い番組で脚光を浴び、ピン芸人として活躍してきた小島よしお(38歳)。

 だが現在、小島よしおをテレビの世界でかつてほど見かけなくなった。もちろん「テレビから消えた芸人」ではないが、テレビ以外の場所に活路を見いだしている。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 例えば、全国各地でネタの営業をするだけでなく、「服を着て」演劇舞台に出演、自慢の肉体を生かしたマラソン大会出場、オーストラリアで自転車旅に挑戦するなど活動の幅を広げている。とくに、ショッピングモールなど子どもが多く集まる場所での営業は人気となり、再ブレークしているのだ。新しい取り組みとして子ども向け「絵本の読み聞かせ」も定期的に開催しているという。

 小島よしおという芸人は、どこへ向かうのか。本人へインタビューを試みた。

公園で「絵本の読み聞かせ」をする芸人

「今は絵本『ぱちょ〜ん』(2018年7月ワニブックス刊)の読み聞かせをすることが多いですね。なぜやっているかというと、その本があまり売れなかったことが理由です(笑)」と、ぶっちゃけトークから始まった。

 彼が初めて執筆した絵本のコンセプトは「朝起きるのが苦手な子どもでも、朝から大爆笑して元気になる」。

7月下旬、都内の公園で子どもたちに読み聞かせを披露していた小島よしお(筆者撮影)/東洋経済オンライン

 読み聞かせをする理由は、子どもたちに『ぱちょ〜ん』を見せたところ「ものすごくウケたので、これは広めよう」と感じたからだ。

「お客さんが入るハコを押さえて集客するのは無理があるけれど、公園ならお客さん(子どもたち)がいるので、ハコも必要もない」と考え、公園でゲリラ読み聞かせを開始した。自身のツイッターなどで当日告知し、そこに集まった数十人の子どもたち向けに披露している。