池井戸潤の同名小説を、池井戸作品初挑戦の大泉洋主演でドラマ化。

 大泉が演じる君嶋隼人は、トキワ自動車の本社勤務のエリートだった。

 しかし上司の滝川(上川隆也)が進める企業買収に異を唱えたことで府中工場の総務部長に飛ばされ、14億円もの赤字を抱えるラグビーチーム、アストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することに。

 君嶋は、低迷するラグビー部とともに再起をかけた戦いに挑む

大泉さんと一緒にいたい

大泉さんでなかったら、アストロズは崩壊するっていつも思うんです。元気なアストロズ・メンバーは、福澤克雄監督が指示しているときに騒いでいることもしばしば。

 そんなとき僕は、静かにしていたほうがいいぞとヒヤヒヤしたり、大泉さんがキレるんじゃないかとドキドキしたりしていますが、大泉さんはアストロズを温かく包み込んでくださる

 メンバーの個性に合わせ“君たちはバカなのか?”と軽口をたたいたり“俺は本当はアストロズ、嫌いなんだからね”と、冗談で場を盛り上げてくれる。そんな大泉さんが、みんな大好きなんです。 

新戦力が加入したアストロズだが、問題が山積み

 僕らより後から現場に入られると、どんなに撮影が押してても、大泉さんと話したい、一緒にいたい気持ちで、自然と周りに集まっていくんです

 白い歯を見せて爽やかに話してくれるのは、アストロズ主将の岸和田徹役を演じる高橋光臣。連日の猛暑での撮影で“アストロズ焼け”している。

「1時間おきに日焼け止めスプレーをしても、焼けちゃいます」(高橋、以下同)

 炎天下のグラウンドでの撮影は、朝から日が落ちるまで続く。十分に水分補給をしても全部、汗で出てしまうのか、トイレに行きたくならない。

 役作りで増量した体重はクランクインから5キロ減。朝昼晩の食事の後はプロテインを飲み、間食もプロテインバーを食べつつ、必死でキープしているそう