“AIさん”の声を担当する安田顕 撮影/佐藤靖彦

 早朝の放送時間にもかかわらず、ジワジワと人気を呼んでいる子ども向け番組『じゃじゃじゃじゃ~ン!』をご存じだろうか? あの伝説の『ウゴウゴルーガ』を彷彿させる内容で、“え、それアリなの!?”という驚きのコーナーが満載。子どもたちばかりか、大人たちも魅了している。

 その番組に“AIさん”というキャラクターの声で出演しているのが、安田顕だ。

 安田といえば、朝ドラ『なつぞら』にも出演中で、ドラマや映画で圧倒的な存在感を見せつける演技派。その彼が子ども番組とは……というわけで、本人を直撃!

「待つ」ことを大事にしています

「子ども番組といえば“うたのおにいさん”とか思い浮かべるじゃないですか(笑)。でも、この番組ではこれからを担う放送作家さんやクリエイターの方たちが自由に、いろんな発想でモノを作っていって、面白いことをやっていきたいと。それで声をかけていただいたのですが、すごくうれしくて。“ぜひ参加させてください”と、迷いはなかったです」

 AIさんと、子役の2人が演じる“じゃじゃじゃ”“じゃ~ン”とのやりとりも絶妙だ。

「あの子たちの独特の発想は、われわれ大人にはないものなんですよね。台本以上のものを引き出す力が、彼らにはあって。それが出たときがたまらなく面白い! だからポンポンって切り返すのではなく、彼らが何をしゃべるのか、“待つ”ことを大事にしています」

 子どもと接するのは、得意? と聞いてみると、 

「実は、そうでもないんです(笑)」

 と苦笑い。しかし、うれしそうに次のエピソードを明かしてくれた。

「じゃ〜ンちゃんが学校でトマトを栽培していると言っていたので、“トマトができたらAIさんに持ってきてね”ってずいぶん前に話してたんです。そしたら“AIさんへ、トマトができました。食べてください”って、今日持ってきてくれて。さっき食べたんですが……とてもおいしかったです」

 と、しみじみ。