9月4日に東京ドームで行われたジャニー喜多川社長のお別れ会は、関係者の部と一般の部に分けて行われた。関係者の部に参加したのは、ごく限られた人たちだった。

“関係者の部”の気になる中身

「ジャニーズのタレントとOB、事務所の関係者、彼らと日ごろ付き合いのある会社の上層部など、3500人が出席。報道陣も多く集まりましたが、会場の中には入れませんでしたね。通常、お別れ会では中で読まれている弔辞などをスピーカーで流すのですが、今回はいっさい流されませんでした。そのため、中で何が行われているのかまったくわかりませんでしたよ」(スポーツ紙記者)

 そんな厳戒態勢で行われた会だけに、ゆったりとした時間の中で故人との思い出を振り返ることができた。

「'16年10月に、スタッフを1人も入れず、タレントだけで行われたジャニーさんの85歳の誕生日パーティーの映像が流されました。彼を中心に近藤真彦さん、中居正広さんらが囲んでいました。この映像はこれまで1度も公開されることのなかった、門外不出の秘蔵映像だったそうですよ」(会の参加者)

タレントたちが見せたチームワーク

 恩師を見送る一大イベントとあって、当日は、タレントたちが見事な連携を見せた。

近藤真彦はジャニーさんとの思い出を噛みしめるように話した

「大役である弔辞は、事務所の“長男”の近藤さんが読み上げました。その後、安倍晋三首相からの弔電も彼が読みました。文面は会場の正面にあるモニターに映されたのですが、途中で彼が読み間違えたため、早さを修正する場面もありました」(同・会の参加者)

 会の“総合プロデューサー”は現在、裏方に回っている滝沢秀明が務めた。

「誕生日会の映像や音楽などは、彼が編集したそうです。当日は、タレントたちが座る場所から離れた会場の後方から見守りつつ、インカムをつけてさまざまな指示を出していたといいます」(ワイドショー関係者)

 会が終わった後は、近藤とKinKi Kids、嵐が囲み取材に応じた。彼らは終始、和やかな雰囲気をつくりだしていた。

堂本剛さんはジャニーさんのモノマネをしすぎたことを明かして笑いを誘っていました。嵐の近くには、たくさんの報道陣が集まっていたので、離れた場所にいるメンバーにインタビューをしにくかったのですが、松本潤さんが“ちょっと貸してください”とインタビュアーからマイクを取って、隣にいた櫻井翔さんに“取材”していましたよ。彼らのおかげで、変に湿っぽくならずに終わりました」(同・ワイドショー関係者)