今年5月1日、“令和初日”にデビューした歌手・新浜レオン。大学を卒業したばかりのフレッシュで初々しく、まっすぐな彼は、なんと週刊女性初登場!記念すべき今回は、トレードマークの緑色のジャケットを脱いだ、“素”のレオンくんに大接近♪

「いつものグリーンの衣装以外での撮影は、まだあまり慣れていなくて。すごく緊張しちゃいました」

 そうはにかみながら、照れた笑顔もまた可愛らしい。

野球少年から歌手の道へ

「もともと緊張しいで、いつもステージに上がる前までは不安でジタバタして、周りのみなさんに迷惑をかけてしまうくらいなんです(笑)。でも、いざステージに立つと“緊張している場合じゃない”と。“ひとりでも多くのお客様の心に届くような歌を歌いたい”という思いのほうが、強くなるんです」

 子どものころは、卒業文集に“プロ野球選手になりたい”と書くほど、野球漬けの毎日。そんな彼が歌手を目指すきっかけは父親で、同じく歌手である高城靖雄さんの存在が大きかった。

新浜レオン 撮影/森田晃博

「“僕から野球を取ったら何が残るんだろう”と思うくらい、高校までずっと甲子園を目指して野球しかしてこなかったので、いざ引退して“これから何を目指して頑張ればいいんだろう”と悩んでいたときに、父のイベントの手伝いをさせてもらって。歌を通じて感動を与えている父の姿を見て、改めて父の偉大さ、そして歌の素晴らしさを感じ、“僕もあんなふうに人を励ましたり、感動してもらえるような歌手になりたい”と思ったんです」

 しかし、母親はまさかの大反対!?

野球では試合に来てくれたり、お弁当を朝早くから作ってくれたりと、いつも応援してくれていた母が、まさかの大反対だったので僕も一瞬、戸惑いはありました。母はこれまで、父とふたりでたくさんの苦労を経験してきたからこそ、同じ思いを僕にさせたくなかったんだと思います。でも、僕が本気だと理解してくれた今では、いちばんの応援者です」