薮宏太は“すごくいい人”

 今回が初共演となる、主人公ジョセフを演じるHey! Say! JUMPの薮宏太さんについては、“言葉の選び方が大人で、すごく知性的な人”というのが第一印象だと語る。

「それに、すごくいい人だなと思いました(笑)。ジョセフって、ひどい目に遭わされても憎しみを持たずに、人を信じて自分の夢を信じて、それを叶(かな)えようとする人物なので、それを等身大でやるんだろうなと、薮くんに会って感じました」

小西遼生 撮影/山田智絵
すべての写真を見る

 小西さんが演じるのは、ジョセフが仕えるエジプトのファラオ。ゴージャスな王様とは、まさにハマり役。

ファラオって言うとき、ちょっとためらいますよね(笑)。口に出すとけっこう太字の言葉だなって思いました。この物語の中では、時代のカリスマで、地位も名誉もすべてを持っている王たる王だと思います。

 ファラオが歌うプレスリー風の楽曲にも注目してほしいです。ほかにも名曲がたくさんありますし、僕も楽曲を聴いているだけでワクワクします。楽しんでもらえる作品になると思います」

 舞台に音楽活動に多忙な日々を過ごす小西さんだが、休日も自宅にこもって曲作りをしていることが多いそう。

「音楽はライフワークというか楽しみでもあるので。CDのジャケットデザインとかも自分でやっているので、デザインを作るためのソフトの勉強とかに時間を使ってますね。でも、そもそも自分の好きなことを仕事にしているのでオフが欲しいという気持ちになったことがないです」