もはや出オチ! 超絶な彼女たちは、どうしてそんなに元気なの? 年を取らないの? 各界で活躍する、規格外の美女たちに直撃しました!

カルーセル麻紀さん 撮影/森田晃博

性別も時空も越えゆくボーダレスな女神!
カルーセル麻紀さん 
タレント 77歳

 「年とりすぎちゃったわよ、30年前に戻りたい! 長生きしすぎた」。いえいえ、今も変わらぬ艶やかなスタイルは、「食事は1日1回」を何十年と続けてきた賜物でしょうか。
年とったからって地味なもん着ちゃダメよ〜! 周りに流されずに好きなもん着なさい!」と取材陣にカツを入れてくれました。

●今の自分に満足していますか?

満足してないわね。毎日でっかい7倍の鏡で見て化粧するから、どこにシミがあってどこにシワがあるか全部わかるんだからさ。

●生涯でいちばんつらかったことは?

やっぱりモロッコで(性転換手術で)40日間入院したことかしらね。そういえば、タマ取ったときも独房入ったときも40日間だったわ(笑)。

●将来の夢は?

自分のベッドで死にたいわね。もう垂れ流しでもなんでもいいから病院だけはイヤ。コロリと死にたいわ!

《プロフィール》 1972年にモロッコにおいて性転換手術。2004年には戸籍上も女性に。自身をモチーフにした小説『緋の河』(桜木紫乃著)が話題を呼んでいる。

松本明子さん 撮影/山田智絵


200歳宣言! 生けるポジティブおとぎ話
松本明子さん 
実業家 71歳

 本邦年齢初公開! 歩くパワースポット、心斎橋のシンデレラ姫。毎日のおめかしを欠かさない姫は「ヘアとメイクをしているときがいちばんハッピー♪」。その美を保つべくドレスを着て身体をよく動かしているそう。「姫はラッキー☆とハッピー♪の塊なの♪自分でも本当に若いと思います♪ ご先祖と両親に本当に感謝しています!」

●今の自分に満足していますか?

今の自分はもちろん大好き!! 好きな芸能人とかタレントとかいませんもの。自分のことをすべて、こよなく愛しています♪♪

●生涯でいちばんつらかったことは?

結婚はルンルン〜♪ って感じなんですが、離婚は本当に……つらかったですねえ。

●将来の夢は?

将来の夢は200歳までに“心斎橋のシンデレラ城”を建てること! 「みなさんも姫と一緒に200歳時代までアゲアゲハッピー♪ でがんばりましょう」

《プロフィール》 大阪・心斎橋でブライダルサロン「ルアージュ」経営。タレント・歌手。アゲアゲハッピーなCD「超熟 美魔女」大好評発売中

林かおるさん 撮影/山田智絵


子どもに大人気!  浪花のレディー・ガガ
林かおるさん
小児科医  5?歳

 小児科医になったのは、症状を自分で言えない子どもの声なきSOSを助けるため。大好きなレディー・ガガを意識したというプラチナのように輝く髪は「エルサみたい」と大人気! 「自分では外見がきれいだとは思ってないんです。生きざまがきれいに見せてくれてるんやと思います」。かおる先生にビューティーをもたらしているのは、元気になった子どもたちの笑顔でしょうね。

●今の自分に満足していますか?

満足しています。年齢がいって老化してシワもできていくのは年輪だなと思っているので、そのままで美しいと思っています。外見的なことよりも内面を磨くことが大事やと思います。

●生涯でいちばんつらかったことは?

内科医だった父親が亡くなったときですね。私はまだ大学院生で、そのとき苦労をいっぱいしたから、今の自分があるんやと思います。

●将来の夢は?

医師になる、自立する、すべての命のために尽くす……。私の夢はすべて実現したのでありません。

《プロフィール》 大阪府堺市「小児科林医院」院長、医学博士。動物愛護にも力を入れ、60匹の猫を飼い2軒の猫専用の家を持つ。プロレス好きが高じて、ベネチアのマスクを趣味として収集している一面も。