「初めは大変で、そのうち慣れて、今ダレちゃったね。もうどうでもよくなっちゃった。下手すると、芸能界引退だなと思ってんだ。鬱をとおり越しちゃって、もうヤケになってきたね」(『新・情報7daysニュースキャスター』20年4月25日)

 そうビートたけしが嘆くように、コロナ禍でこれまでの日常は奪われてしまった。そうした中で、どのように生きていけばいいのか。芸人やタレントの過去の言葉からそのヒントを探っていきたい。

 こうした暮らしの中にだって、「楽しみ」を見つけなければ、しんどい。

所ジョージ

所ジョージ

面白がる人は、なんでも面白い。なんでも不満を持つ人は、どんなにお金があろうと不満だもんね(『SWITCHインタビュー』'14年4月12日)

 “遊びの達人”である所ジョージはそう語っている。

 自らの遊び場「世田谷ベース」で日々、趣味のものづくりに勤しんでいる所。そんな暮らしを見た人たちからよく「お金に余裕があるからできるんじゃないか」と言われるというが、「そうではない」と所は語る

 たとえば、みんなに自慢したいから時計を買いたいという人は、お金がかかる。けれど、お金がなくても楽しみたい、面白がりたい人は、カタログを切り抜いてそれを腕に巻く。そうして周りに気づかれたいような、気づかれたくないような遊びをするだろうと。

 それができる人というのは、“お金よりも自分の方が価値ある”人。お金の方が自分より価値があると思う人は、お金に頼ってしまうのだと

 所は「どのように死にたいか」と問われると「考えたことがない」と答え、こう続けた。「希望はないです。希望したって希望したとおりいかないじゃない」

 もし、寝たきりになったとしても、「車いす改造しますよね。おもしろくしてあげますよね。届かないロケット砲つけたりとかしますよ、きっと」と笑う。
せっかく朝起きて、目が覚めてんだから、楽しい1日っていうか、楽しく過ごそうかなと(『サワコの朝』'14年11月1日)