東日本大震災のヒーローが地に落ちた。

 岩手県警釜石署は7月14日、強制性交の疑いで釜石市に住む千葉淳容疑者(79)を逮捕。顔見知りの少女を人けのない山奥に車で連れ込んでの犯行だった。

「誰も彼をよく言う人はいませんよ」

 岩手南部の大船渡で生まれた容疑者は東京などで職を転々としながら40年ほど前、釜石市に移住。昨年まで20年以上、民生委員を務め長年、地域の町内会長としても活躍していた。

 東日本大震災のときには遺体安置所でボランティア活動に志願した千葉容疑者。次々と運び込まれる遺体に優しく語りかけ、死者の尊厳を守ろうと懸命に尽くした。そんな姿が、作家・石井光太氏の著書に取り上げられ、'13年には映画『遺体 明日への十日間』が公開。美談は全国区となる。千葉容疑者を演じたのは、俳優の西田敏行だった。

 逮捕の報に、石井氏は、

「報道については驚きました。現段階では捜査中であるため、憶測で感想を申し上げることはできませんが、私としても事件の真相を独自で調べる所存です」(文書で回答)

 人格者として知られる容疑者の逮捕騒動。地元でもかばう声があがるかと思いきや、

「誰も彼をよく言う人はいませんよ」(近所に住む女性)

 取材の過程で浮き彫りになったのは、セクハラ・パワハラなど悪評の数々だった。

 今回の事件は容疑者の自宅のそばにある中学校の生徒との間で起きた。民生委員・浅間さん(仮名)によると、

「雨の日に、中学校の女の子に駅まで送り届けてあげると声をかけて、怖がった生徒が先生に相談し問題になった」

遺体安置所があった旧釜石第二中学校は'13年に取り壊された

 千葉容疑者はいわゆる“地域の見回りおじさん”として防犯パトロールを行っていたが、よさげな子を物色していたのだろうか。

「手品がうまくて、知らない女の人とすぐに打ち解ける」

 別の民生委員・伊藤さん(仮名)は、相手の警戒心を解く千葉容疑者の手の内を明かす。

「被害に遭った女の子を、千葉さんは以前から気にかけていたようです。防犯パトロールの際、何か買って食べなさいとお金を渡していました」

 家庭に問題のある子のようで、心の隙間に入り込もうとする手口がうかがえる。