生活はかなり荒んでいた

「昼食もとらず、休憩なしで働いていたようです。銀歯の技工も外注せず、休診日の日曜日に自分で作っていましたね。夜も寝ずにカルテを見ていたので、ほとんど休みは取れていなかったはず」(Aさん)

 特に借金があるわけでもない歯科医が、そこまで働く必要はあったのだろうか?

「実はお子さんも現在、私立の歯科大学に通っていて、学費などで年間600万円ほどかかっていたそうです。相当なプレッシャーだったようで、生活はできても、昔のようにサーフィンに行く余裕はなかったみたいですね」(Aさん)

 投資を始めたのも、少しでも生活の足しにしたいという思いがあったようだ。

 普段の生活も不摂生だったようで、Aさんによると、

「“面倒だから”と言って、あまり自宅にも帰らず、医院に寝泊まりしていました。なんとなく、家庭に居づらかったみたいですね。食事は夕方に近所のスーパーで割引弁当を買い、お風呂も近くのサウナですましていたようです」

院長室や倉庫などから押収されたエアガンと金属弾。違法な改造を施したと思われるものも
すべての写真を見る

 切り詰めた生活を続けるうち、次第に追い詰められていったうえでの犯行だったのだろうか……。

 Aさんにも、ここ1年ほどは音さたがなかったようで、

「忙しいのかな、と思っていた矢先に起きたのが今回の事件。久々に映像で見た秋山さんの顔は、かなりやつれたように感じました。前はもっと生気があったのですが、疲れていたのでしょうね……」

 ストレスを発散できず、家庭の悩みもあったのだろうが、八つ当たりで“暴発”してはいけない。